So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

遠足のおやつ禁止

テレビでそんなニュースをやっていてびっくり。
理由はアレルギーの子供が増えたから。
遠足におやつを持っていくと子供同士で交換したりして
気づかぬうちにアレルギー物質を食べてしまう危険性がある、
というのが学校側の理由です。
ふむ、薄らぼんやりと納得は行く。

でも子供たちはそれでいいのか?
それで納得するのか?
禁止しなければならない理由をしっかりと説明して
親御さんも持たせる菓子をそれなりに管理して
引率の先生はその情報を親御さんからもらって
しっかり子供たちに危険性を伝え
アレルギー対象の食品を食べさせないようにする。
それで済むことじゃないのでしょうか。
かなり面倒くさいけど。

そう、この手間のかかるところが
学校側の嫌う部分ですね。
手間がかかって、それでも起きる可能性のある事故。
ならば止めちまえっていう
最近の大人の簡単な解決方法、というところですか。

一見、生徒のことを考えているようで
実のところ自己保身しか考えていない
いつものパターンですね。

それにしても昔に比べていろいろなアレルギーが増えていますね。
そうなった理由をよく理解できませんが
このあたり現代病の一種なんでしょうか。
昔に戻せとは言いませんが
アレルギーが少なかった時代を検証し直すべきではないのでしょうか。
昔よりいろんな成分の混ざった加工食品が増えたせいもあるのかな。
とはいえ米や卵にアレルギーとか言われたら
確かにどうしようもない気もする。
nice!(0)  コメント(0) 

大工が減り大工道具メーカーも減少

昨今の住宅はプレスカット工法によるものが増え
現地で大工が建材の作業をすることはなく
現地では加工された建材を組み立てるだけだそうで
技術を経験で習得した大工さんではなくともいいのだそうです。

戸建てを建ててもらった経験者としては
それによってしっかりとした建物が建つのなら
それでOKです。

記事には大工の技術が落ちている、とありましたが
すでに20数年前に建てた時点で感じていたこと。
建てた家のドアの傾き
ドアと柱の間の隙間、どれをとってもプロと思えない仕事。
ま、外れを引いたのかも知れませんが
すでにそれ以前にそんな匂いは感じていたので
さもありなん、というところでしたね。
それこそ40〜50年前の大工と比べると
技術の低下は酷いものです。
それを今更言われたところで驚きもしません。

それが現実的に家を建てた時点で
減る以前の大工さんの技術が落ちているのを肌身に感じているので
逆に工場で1mmのずれのないものを作ってくれるのなら
それで十分、ってな話ですよ。

正直な話その時でも
ハウスメーカーの提供する工場製品の方が良かったなぁ
と思ったりもしましたし。
技術を担う若者がいないと嘆く以前に
技術を伝承する熟練の大工さんがいないのですよ。
nice!(0)  コメント(0) 

セクハラ事務次官

それにしても不倫やらセクハラやら
官僚になるおっさん連中は
何がやりたくて官僚になったんでしょうねぇ。

さて、今回の報道ももやっとしたまま展開していますが…

セクハラの二次被害、と言うのがよく分からなくて
調べてみると
◎被害者に責任があるような中傷
…ん、他にも書いてありますが
基本的に「被害者へ責任転嫁する」ことが発端な感じでしょうか。
で、今回のセクハラ事件発覚の発端ですが
被害者がテレ朝社員なのに週刊誌記事がスタートです。

テレ朝の言い分は
財務省を担当していた女性記者が
繰り返しのセクハラを受けたにもかかわらず
テレ朝は「2次被害が予想され報道は難しい」と
判断したのだとか。
女性記者はその後も財務省を担当し
やむを得ず録音を録り、
対処してくれない会社を諦め週刊誌にリークした、
そんな流れのようです。

ここでテレ朝が危惧した「2次被害」は
想像するに「女性を武器にした取材をした」
といった反論が出てくることでしょうか。
それはあり得るでしょうが(実際そういう声があるようです)
それとは別に会社としては女性記者を守る義務があったと思うのですが
どうなんでしょう。

担当を外すのもいいし
後々の被害を生まないよう証拠固めをするのもいい。
何故それが出来なかったんだろう。

ま、そのあたりを置いておいたとしても
今回のセクハラ疑惑は隠しようのない事実としか思えませんね。
ちなみに日本は世界でもセクハラの多い国だとか…はは。
アメリカから言われてもねぇ。
確かに認識の違いだと思いますが
その線引きが昔から極端な変わり方をしたので
ついて行けないだけだとは思います。
意識しない昔の感覚での発言もセクハラととられかねない時代なので
それはそれなりに難しい時代だなぁと思いますが
事務次官の発言は誰が聞いてもセクハラ。
さすがにそれが分からないようではどうしようもない。
nice!(0)  コメント(0) 

19歳警察官が、むかついた先輩を後ろから射殺

…言葉もない。
いろいろ頭を巡りますが
とりあえず思いつくのが
日本が銃社会だったら
4月の会社内では死人がいっぱいになりそう…

社会の歪んだ教育の影響が
いろいろな形で出てきているような気がしますね…う〜〜む。

◎きつめの物言いをする先輩になれていない。
◎指摘されると反省する前に自分を正当化する。
◎後輩を上手に指導できない。
 …多分、自身の先輩の指導が下手だったことの影響
◎組織が新人の性格を正しく把握できていない。

そして一番不思議に思うのが
「警察官になろうと考えた正義感の持ち主」が
「きつい叱責を受けただけで殺人衝動」を起こすのか
と言った疑問ですかね。

それにしてもこういうニュースを聞くたびに
外で何か事件を引き起こしそうな場面に出会ったら
とにかく関わらないようにしないと
大変なことになる可能性があるかも、
と思わざるを得ませんね。
お〜怖い。
nice!(0)  コメント(0) 

車の警笛 [交通マナー]

脇道から突然出てきたり
急ブレーキを掛けたり…
そんなときは注意を促すために
即座に警笛をならしたりするようですが
僕は停止したりするのが精一杯で
とても警笛をならしたりする余裕はありません。

たまに見かける、
そういう場面で警笛を鳴らせるドライバーには
脱帽ですね。
多分、車の制御操作を行いながら
警告もしているのですからね…すごい。

横断歩道を渡っていたりするときに
よく警笛を聞くことがあります。
「え?僕が何かした?」とか思いながら
警笛音の方を見回してみますが
案外、警笛をならした理由の分からない場面も多いですね。

先日は三叉路で信号待ちをしていたとき
直線道路の右折信号が青になった瞬間に警笛音。
対向の最後の直進車が通過して
右折信号が青になった、ほんの一瞬
先頭の車の発進が遅かったみたいですね。

僕も信号待ちの時、先頭の車が
青になっても発進しないときは「寝てるの?」とか
思ったりしますけど警笛をならすのはもう少し後。
さすがにね「信号に気づいてないでしょ」と
確信できるまでは警笛をならすことはないです。

こういう警笛の使い方はどうなんでしょうね。
nice!(1)  コメント(0) 

違法のフリーコミックスサイトでしれっと読みたいという人たち [マンガ]

フリーコミックスサイトがアクセスできなくなって
「読めないのは困る」とか「読みたいのに」とか
堂々とそう発言する人に
「犯罪なのに」とあきれる世間の常識者。

当然の批判ではありますが
ここが、出版社が熟考しなくてはいけないところですかね。

普通に考えれば
違法サイトでも読みたいとする人たちは
店頭に並ぶコミックスを買う人ではありません。
絶対に買わない人たちですよ、多分。
買ってまでして読みたい本でもなく
とりあえず読みたい、と言う人が
無料だから…読みたい…だけ、なんですね。

実のところこの部分を出版社はもちろん
漫画家さんも考えなくてはいけないところ。
ま、漫画家さんはいつもそれを考えながら描いてるはずですが。

漫画自体が「面白いから」ということで
市販本を購入している人もちゃんといるのです。
要は面白くてとにかく買って読みたくなる作品を提供する。
常に提供すれば無料サイトに頼らず購入するでしょ。
だから数百万部も売れるコミックスもあるわけですよ。

違法サイトがまかり通る理由は簡単。
映画も漫画も金を払ってまでして見るに値しない
と評価しているからですよね。

何度も言うけど
無料サイトが稼げるのなら
本物の出版社が同じことをすればいいだけの話…
とそれで済めば簡単なんですけど。
nice!(0)  コメント(0) 

年金受給68歳から案

あほでしょ。
まず、財源がないという話は
もともと政治家のずさん管理によるもので
国の責任だったはず。
集めた年金の管理も出来なかったどころか
回収すら出来ていないってことですね。
それを再び国民につけを回すってどういう思考回路なんでしょ。
本来なら自分たちの給料を減らすとか考えて
自分たちの管理ミスを補完すべきなのに
発想がおかしい。

さらに言わせてもらえば
今の若者が年金を払いたくなくなるのは
とりあえず現実感がないからかと思う。
それに対して受給年齢をさらに遅らせたら
さらに払う気が失せてしまうのは目に見えた話ですね。

政治家たちの全てのやりとりを見る限り
私腹を肥やすことしか考えていない輩ばかりのようです。
元々金が欲しくて政治家になった奴ばかりならまだしも
政治家になる前はそういう政治家を非難していた人も
いつの間にか染まってしまうしね。
どうしようもない国だなぁ。
ま、何処の国も似たようなもんだけどね。
nice!(0)  コメント(0) 

教師の厳しい現実は知らないけど [教育]

プライバシーを削って
部活の顧問をやったり
試験の採点など残業手当のない日々を強要される
本当に教師って大変な仕事なんですねぇ…
改善されるべき現状だとは思います、が…

自営業の人たちって
それこそ休みや残業代のない職場環境にあって
同様の毎日を暮らしている人が多い。

とはいえ、自営業の人…つまりフリーランサーは
望んでその職に就いた人が多い。
だから仕事を続ければそうなることは分かっていて始めたし、
自営だから続けるも続けないも自己責任、とはいえる。

と、一応の線引きは引きつつも
教師だって未来を担う子供たちを
正しい道に導いてあげよう…的な発想で
望んで進んだ道だと思うのですよ。
ただ安定の公務員と言うことだけではなく、ね。

ただどうしてもモヤモヤするのは
自営業でどんなに稼いで、年金を受け取る年齢になっても
それだけで暮らしていける年金を受け取ることはない。
もちろんそれ以上稼いでおけばいいんですけど
誰もがそこまで成功するわけじゃない。

ところが教師って定年後は
年金で悠々自適な生活が可能、と聞いています。
現実は知りませんけどね。
やっぱりモヤモヤするのはそこかなぁ。

自営業の、その宿命は
やりたいことを仕事に選んだからだと納得するのですが
職場環境がブラックなのを理由にしているとは言え
顧問就任は嫌とか言って自身ことだけを考え、
生徒たちが楽しい学校生活を送れるようにどうしたらいいのだろうかと
考えを巡らしていないように聞こえるのは残念です。
定年後もぬくぬくと暮らせる職業だから
と言う理由だけなのかな、とその選択理由を勘ぐったりもして。
nice!(0)  コメント(0) 

相撲界の騒ぎはどうでもいいです [ニュース]

治療のために土俵に上がった女性に
「土俵から下りなさい」というアナウンスがあったとか。
状況を把握できずに慌てて対処したアナウンス、と
理事長が謝っていましたね…ふむ。

相撲界の歴史、しきたりに全く興味はありませんが
こうも何度も世間を騒がせても
責任者であるはずの理事長さんは
ただ謝るだけで責任を取ることはないのですね。
何故なんだろう?

弟子を傷つけられて
そのまま相撲界内部でうやむやにしようとしていた
昔からの相撲界のやり方を変えようとして
少し行きすぎただけの親方には責任を取らせるくせにね。

ま、全く興味のない相撲なので
何があろうと興味はありませんが
しれっと謝るだけでのうのうと居座るあの顔は
余り見たくありません。
nice!(1)  コメント(0) 

週刊誌がネットレベルの酷い内容になっている [ニュース]

信用度の高さで言うと
新聞紙、週刊誌とかとか
紙媒体に書かれたものは
そこそこ信用できたのですが
最近は新聞の信用度が低くなり
週刊誌はそれこそ信用度の低さで言うとかなり低いものです。

ネットの記事なんかはまず捏造から始まっている
と言っていいほどの屑ニュースが並んでいます。
読者としてはたくさんの情報から精査して
信用できる情報を拾い出すしかありません。

ま、ゴシップ記事満載の週刊誌なんぞというものは
もとより信用度は低かったのですが
最近は全くの捏造記事が堂々とまかり通っている状態ですね。
一体何がしたいのだろう。
ネットニュースが信用できない今だからこそ
信頼度を高めるため
裏付け調査を徹底的にした上で記事にする
それがネットとの図るべき差別化だと思うのですけどね。
捏造記事がまかり通っては
紙媒体が消えるのがさらに加速するだけかもね。
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -
メッセージを送る