So-net無料ブログ作成

海外ドラマのおなじみさんを見かけるトニー賞 [外国TV映画]

今回のトニー賞では
キャッスルの署長ルーベン・サンチャゴ=ハドソン
主演男優候補にロー&オーダーのアンディー・カール
演劇部門の主演男優賞候補に24レガシーのコーリー・ホーキンズ
の顔がありました。
客席にも見た顔があったように思いますし。

ところでプレゼンターに
スコット・バクラ氏が出てきたのですが
LIVE版で見ていた時同時通訳の人が
紹介者のセリフに「NCIS」とあったのを訳しませんでした。
多分意味がわからなかったのでしょう。
とはいえ、数日後やった字幕版にもない、ふむ。

映画とかを原題で言われると同時通訳さんでは邦題が言えず
原題ままで訳したりってありますが
流石に字幕では普通に邦題になってるんですけどね。
仕方ないんですかね。

それにしてもトニー賞を見ると
つくづく日本の芸能界の底の浅さを感じますね。
アメリカの俳優さんは海外ドラマの脇役を演る人も
歌える、踊れる…日本の俳優はというと…?

もちろん実際のドラマには歌も踊りも必要ないかもしれませんが
俳優なのだから、本来どんな役が来ても応えられなきゃね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る