So-net無料ブログ作成

わいせつ犯罪を犯した教員が再度教員になれることが信じられない [教育]

わいせつ教員の再犯が相次いだとか。
いやいや、なんでまた教員になっている?

停職以下の懲戒処分情報が都道府県間で共有されないので
犯罪を犯した都道府県でなければ採用されるらしい、あほな。
それ自体が個人情報だから
各都道府県の保護条例によっては
その犯歴を知ることができないのだとか…
いやいや、教員としての資質の問題ですから
教員資格自体をと取り消しておけばいい話でしょ。
個人情報を守るというのならその理由を書かなければいい話。

他県の処分は把握が難しくて
履歴書や自己申告を信じるしかないとかいうけど
さすがに過去の勤務先には確認するんでしょ。
まさかしないことないと思うし、
確認すればさすがに犯歴を
「個人情報だから教えない」なんてことにはならないのでしょ。
まさかそこでも教えないのかな?
馬鹿馬鹿しくって話になりませんね。

これもひょっとすると形式的に個人情報を守るっていうルールの弊害ですかね。
個人情報を守るため、とかいっていろんな制約ができましたが
迷惑メールは相変わらず届くし、見知らぬところからDMも届く。
単に不便になっただけにしか思えないのですけど。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る