So-net無料ブログ作成

わいせつ犯罪を犯した教員が再度教員になれることが信じられない [教育]

わいせつ教員の再犯が相次いだとか。
いやいや、なんでまた教員になっている?

停職以下の懲戒処分情報が都道府県間で共有されないので
犯罪を犯した都道府県でなければ採用されるらしい、あほな。
それ自体が個人情報だから
各都道府県の保護条例によっては
その犯歴を知ることができないのだとか…
いやいや、教員としての資質の問題ですから
教員資格自体をと取り消しておけばいい話でしょ。
個人情報を守るというのならその理由を書かなければいい話。

他県の処分は把握が難しくて
履歴書や自己申告を信じるしかないとかいうけど
さすがに過去の勤務先には確認するんでしょ。
まさかしないことないと思うし、
確認すればさすがに犯歴を
「個人情報だから教えない」なんてことにはならないのでしょ。
まさかそこでも教えないのかな?
馬鹿馬鹿しくって話になりませんね。

これもひょっとすると形式的に個人情報を守るっていうルールの弊害ですかね。
個人情報を守るため、とかいっていろんな制約ができましたが
迷惑メールは相変わらず届くし、見知らぬところからDMも届く。
単に不便になっただけにしか思えないのですけど。

若者がメールを使わなくなった? [メール]

ってな記事があったんですが…
メール利用率よりSNS利用率が上がっているのだとか…
なんて記事を読んで「あれ?SNSってなんだっけ?」と
改めて疑問符。

SNSってブログとかツイッターとか
シンプルに自身から発信するツールかと思っていましたが。
ですから個人的な用事には全く使えないかと。
若者は電話も使わなくなったとか聞きます。
となると個人的な用件はどうやって伝えるのでしょうか。

改めてSNSを調べてみると
1対1でのメッセージのやりとりとか
チャット機能とかありますね、ふむ。
でもそれってお互いに登録している必要がありそうです。

記事では内定通知などを送っても読まれない、
と企業側が困っているという記事でした。
企業をSNSに登録するなんてないだろうし
どうするんですかね。
流石に必要なら使うのでは?

築地・共存は「素人考え」

…だと専門家がおっしゃったそうなんですけど…
素人を舐めてます?

素人がそれを聞いて思いつくのが
市場が離れた場所に二つあるのは
「無駄」で「効率が悪い」から
それが結果的に価格に影響するんじゃないか?
ということですよね。
つまり専門家である教授と全く同じ発想をします。
教授こそ素人なのかも(笑)

都知事がそれをも発想しなかったとしたら
言うならば「素人以下」と言って欲しい。

そこで素人がさらに考えるのは
流石に頭のいい都知事だから
そんなことは織り込み済みで
「無駄」を出さず「効率的」に
価格にも影響しない素晴らしい方法があるんだろうなぁ…
と、ここまで考えるのが素人。

それにしても現場の人達が
どちらか一本にしてもらわないと困る、と繰り返しているのに
二つあることで生まれるメリットもあるはず、と
確信もなく押し進めようとする神経には感服します。
これはまた、都知事が交代した後
「負の遺産」として引き継がれてしまう案件となるのかも。

結婚しようがしまいがどうでもいいけど [アイドル]

なんかタレントの結婚発言が不思議な感じになってます。
賛否がある事自体不思議なんですけど
それより、あの発言に苦言を呈した仲間たちを責める感覚がわからない。
あの総選挙というイベント自体が
一般の目から見たら異常だし
それでも彼女たちはその環境を受け入れて頑張っているんでしょ。
それを晴れの舞台でぶち壊されたら
仲間の怒りはもっともな話でしょ。

とりあえず「賛成」とか言っているタレントや芸人は
「結婚する」事自体めでたい、と言ってるだけ。
全体の流れを全く知る気もなく、ね。
彼女たちやファンの怒りの矛先を理解してから意見を言いなさいよ。

結婚を発言した彼女は
それまで「自分を信じろ」と言って応援を集め
ファンの力で総選挙のあの順位を獲得したわけです。
それが「信じろ」と言っていながらすでにファンを裏切り、
それを週刊誌にすっぱ抜かれ、記事になることを知ったから
先手を打って「結婚する」発言をした。
その発言をするのなら、まずファンが投票に金を使う前に言うべきでしょ。
それであの順位ならファンも認めたということだけど
選挙前に言っていたら確実に圏外でしょ。

「結婚」がおめでたいとか
「恋愛禁止」がおかしいとかいう話じゃない、
いうならば詐欺を働いたわけで
その行為にファンが怒るのはもっともな話でしょ。

スキャンダルということで指原さんと同じに扱おうとしてる人もいるようだけど
指原さんは「過去に終わったこと」を告げ口され
「卒業」を決心していたところに挽回の機会を秋元さんからもらったから頑張った。
指原さんに裏切られたと感じたファンはその時離れていった、と聞きます。
全く順番が違う。

本人からの説明があったようですが
やはり勉強ができるだけでは頭がいいわけじゃないんですかね。
自分たちがどういうファンの応援を受けて
その場に立てているのか理解していないのは驚き。

それにしても相変わらず炎上商法、というか
「話題に登れば勝ち」なんて思ってるとしたらやばいなぁ。

マクガイバー [外国TV映画]

もちろん期待はしていません。
設定を過去のシリーズの前、ということにしていますが
時代的にはコンピューターの機能から見て現代。
ということは時代自体がつながらないわけで…

それなりにお楽しみは用意されています。
登場人物は基本的に過去のシリーズに登場したキャラクター。
残念ながら名前には聞き覚えがあるものの
キャラまではっきりとした記憶が無いので
登場人物名を聞いても…こんなキャラだったっけ…みたいな感じ。

とりあえず主人公は全くイメージじゃないですね。
脇を埋める役者さんを見てもB級感が否めない。
もちろん第一話を見ただけなので
この先どう展開していくかには期待しかありませんが…

僕の記憶では
マクガイバーの仕事自体がスパイ、というわけではなく
調査やトラブルを解決するために飛び込んだ事件に巻き込まれ、
仕方なくその場その場を知恵で切り抜けていく、
といった流れなんですが…

ネタバレあり


海外ドラマのおなじみさんを見かけるトニー賞 [外国TV映画]

今回のトニー賞では
キャッスルの署長ルーベン・サンチャゴ=ハドソン
主演男優候補にロー&オーダーのアンディー・カール
演劇部門の主演男優賞候補に24レガシーのコーリー・ホーキンズ
の顔がありました。
客席にも見た顔があったように思いますし。

ところでプレゼンターに
スコット・バクラ氏が出てきたのですが
LIVE版で見ていた時同時通訳の人が
紹介者のセリフに「NCIS」とあったのを訳しませんでした。
多分意味がわからなかったのでしょう。
とはいえ、数日後やった字幕版にもない、ふむ。

映画とかを原題で言われると同時通訳さんでは邦題が言えず
原題ままで訳したりってありますが
流石に字幕では普通に邦題になってるんですけどね。
仕方ないんですかね。

それにしてもトニー賞を見ると
つくづく日本の芸能界の底の浅さを感じますね。
アメリカの俳優さんは海外ドラマの脇役を演る人も
歌える、踊れる…日本の俳優はというと…?

もちろん実際のドラマには歌も踊りも必要ないかもしれませんが
俳優なのだから、本来どんな役が来ても応えられなきゃね。

ジュースの賞味期限

当然あるのですが
大抵は購入後すぐ飲むので今までは余り気にもせず。
外出中に購入する時はそれで問題ないのですが
家で飲むために冷蔵庫に入れておくジュース類はたいてい大量購入です。
そうなるとコーラやジュースの定価は案外高価なので
スーパーなどの安売りを購入することになるわけです。

自販機やコンビニではほとんど定価。
それを食品スーパーなどで購入すると
缶ジュースとか普通に2〜30円安い商品はあって
ペットボトルになると5〜60円安い。
たまに100円以上安い日もあるので
そういう時は箱買いとか大量買いになります。

そんなこんなで
コーラが安い時に大量買いしていたら
気づいたら賞味期限切れの物が増えていました、あはは。

捨てるのももったいないので
一番古いのから飲み始め、そんなに変わるのかなぁと思ったら
確かに炭酸が抜けて少し甘い感じ。
美味しくないですね、ひゃ〜〜。

そうこうしている最中に
オレンジジュースの安売りをしていました。
かなり安かったので開店時間すぐに行っても駐車場は満杯。
そんな安売り商品が出ているとは知らなかったので
駐車場の状態にびっくりしつつ
なんとか駐車して店内へ。

レジに並ぶ人の殆どが箱買いしているので当然僕も購入、ですが…
ふと気づいて賞味期限を見ると…切れてる…おやま。
う〜〜む、そのオレンジジュースは定価で購入したことがないので
今まで購入したものが賞味期限切れしたものかも不明。
なので正解の味を知らない…あはは。
ま、とはいえ、他の薄〜〜い味のオレンジジュースよりは美味しいので問題なし。
ただ、ジュースなんかは賞味期限切れのも販売するんだなぁ
と感心してしまいました、はは。

ネット情報を真偽確認できないテレビ局 [テレビ]

ネットには嘘の情報が溢れています。
それこそ著名な新聞サイトでも鵜呑みにはできないほど。
ウィキペディアなんてどこまで参考にするかは
それぞれの情報でいろいろと吟味が必要です。

それやこれやしてみても
結局、偽情報に振り回されることも多いでしょうね。
じゃ、印刷物だったら100%信用できるかといえば
それもそうは言い切れないような気がしますが…

自分の知識の範囲内でも
最近目にする映画やテレビの情報誌には
時々間違った記述を見かけます。
ひょっとするとそこでもネット情報を真に受けたりしているとか?

となるとね、どこまで調べても真実がわからなかったりして。
古い情報だと歴史を重ねるうちに捻じ曲げられてることもあるし
全く体験のない世代が情報を精査しようとしても
間違った情報しか伝わってなかったりってこともあったりして。

届いてくるニュースから全体像を把握するのは難しいけれど [ニュース]

最近起きた痴漢冤罪事件。
女性から痴漢だと主張されたが
無実を訴える男性、周囲の目撃者も無実を主張。
女性は主張を変えず男性を降ろそうとするが
当然男性は車内から降りず電車は20分以上停車。
警察が来ても埒が明かず、結局降車させられ
事情聴取後、男性は解放された、というニュース。

普通、疑問になるのは第三者が無実を主張しているのに
それを認めずごねた女性の処分ですね。
これがもし、周囲の協力が得られていなかったら
明らかに冤罪になっています。
つまり迷惑の発端はこの勘違い女性。
ま、勘違いか言いがかりか記事からはわからないのですが…

そして驚いたのがこのニュースに対して
あるキャスターの女性が
「男性が20分も電車を止めた行為は迷惑」と発言したとか…
常識的なキャスターだと思っていたのですが
情報を全く精査せず、痴漢事件ということで
最初から女性側に立っているようです。
キャスターがそんなスタンスでは
公正な判断は望めませんよ。
即刻キャスターをやめたほうがいいです。

番組にいた弁護人と称する輩が
「一人ひとりが間違った行動をしていなかった」というが
もともと「してもいない痴漢行為」をしたと主張し続けた女性が原因。
いわれのない主張で降りる予定でもない電車から
迷惑をかけるからと無実の男性が降りる必要はまったくないはず。
それどころか、男性にその後予定があったとしたら
男性こそ本当に迷惑な事件だったはず。

キャスターも弁護人も
結局当事者の立場にすら立つことのできない
報道に関わる人間としては情けない発言としかいえませんね。

2日前に週刊誌中吊りをチェック… [出版]

印刷製本ならギリギリ2日でも可能かもしれない、
と思うけどそこに配送が加わるとねぇ、ちょっと無理でしょ。
大体、殆どの週刊誌が発売日前日にコンビニとかには届いてるはずだし。
となると1日で印刷製本配送〜となるわけだけど。

現実的な話じゃないと思うけど
実際にスクープ記事を盗まれたんでしょうかね。
ただ単にその行為をネタに騒いでるだけにしか思えないのですが…

とはいえ、中吊りを資料として借りるというのも今ひとつ。
それをするなら発売された週刊誌を買えばいいわけで
情報収集ならどこの雑誌でもそういうことしてるでしょ。
となればスクープ泥棒と言われても仕方ないと思いますけどね。

ところで自分のところで取れていなかったスクープを
中吊りで見つけてすぐ記事にできるのですかね。
多少なりとも関連ネタ元に取材ができていないと無理なのでは?
まさか中吊りタイトルだけで内容を膨らませて記事にするなんてことは
無理な話でしょ。

なんだかね、どっちもどっちって感じしかしないんですけど。
メッセージを送る