So-net無料ブログ作成

紙媒体が減少しているのは理解できますが [マンガ]

その反面デジタル媒体の購入は進んでいるのでしょうか。
無料サービスのものを読むことはありますが
購入は絶対ないですね、絶対に。

なんだかんだ言って読みたいときに手に取れる簡便さ
全体をしっかり捉えられるサイズ感
先へ進んで分からなくなったらペラペラと戻れる安心感。
僕にとってはこのあたり紙媒体の方が見やすい。

とは言っても
最近の子たちは同様の感覚を
デジタル媒体でそう感じているんでしょうね。

聞けば「漫画のコマ割りの読み方が分からない」という人もいます…
あれ?それはデジタルでも同じか(笑)
「童夢」で次ページの見開きを開いたときの驚きや
「ワイルド7」で飛葉がバイクを横周りさせる場面の迫力を
デジタルで味わうのは難しいだろうなぁ。
ま、50インチのテレビ画面をモニターにすれば
そっちの方が迫力満点ではあるけれど(笑)

そういえば、実写化されたりする漫画原作は
絵の魅力よりもストーリーのようなので
最近、漫画を読む人たちは絵は二の次でお話を楽しんでいるのかも。
ま、本来話が面白くなきゃ仕方がないですが
下手くそな絵は内容が面白くても読み続けるのが辛い…
たまにアニメでヒットした原作を読むと
とてつもなく酷い絵だったりするので驚くことはあります。
そう考えるとやっぱりこっちが時代から取り残されているんでしょうね。
nice!(0)  コメント(0) 

紛失された漫画原画 [マンガ]

40年以上前に紛失した漫画原画が
「まんだらけ」運営のネットオークションにかけられ
400万円で落札された、とか。
その件を巡って原画を紛失させてしまった
出版社がまんだらけに出品取り下げを要請したものの
オークションは進み落札されたらしい。
その件に関してまんだらけは
「紛失の非は出版社にありオークションに関して責められるいわれはない」
と発言した、とか、ふむぅ。

どうやら法的にはまんだらけに何の責任もないらしい。
確かにもともと紛失させた出版社が悪いのは
分かりきった話。
とはいえこの話を聞いたとき何かモヤモヤとしたのですが…はて。

貸して欲しいと言われ貸し出した漫画家さん。
借りておきながら紛失してしまった出版社。
どう見ても出版社が悪い。
とはいえ、どんな経緯か紛失した原画が出てきたのなら
漫画家さんの元に戻って欲しい、と願うのも普通の感覚。

そう、それを戻さないことに出版社がクレームをつける権利はない。
まんだらけがオークションをストップさせて
競り落とされないようにする義務もない…確かにそうだ。
なんなら出版社が競り落として400万円を払っていたら…
ふむ、それなら納得いく。
出版社は責任を取ってそうすべきだったのかも知れない。
とはいっても紛失した数枚のうちの1枚らしいから
紛失原画を全て買い戻したらすごい金額になるなぁ…

もう一つ気になるのは400万円で購入した人。
そんな曰く付きの原画を購入してどうする?
心が痛みそうな気もするのですが…

それにしても
原画とかを盗んで数年後に売り払っても
捕まらないんだな。
nice!(0)  コメント(0) 

漫画作者が自分の絵を批判され反論ツイート [マンガ]

はは、どっちもどっちだと思いますけどね。
僕もあの絵は大嫌い。
過去に好みでない絵がヒットしたことは
数知れないのでどうと言うことはありませんし
好き嫌いは基本的に好みの問題なので
誰がどう言おうと仕方ない話じゃないですか。
嫌いだから読まない…だからどんな内容かも知らない。

そんな作品、世の中にいっぱいありますし、
僕も依頼されて描いたイラストをあっさりこきおろされたことも度々…
本当にむかつきますけど
そういうときは一人でか、親しい友人に愚痴るだけ。
認めてくれる人、喜んでくれる人がわずかでもいるから
描いていられるだけですよ。

とはいえ悲しいのはそんなことをわざわざツイートすること。
しかも「苦手」とつぶやいたのは
漫画家が仕事している会社の関連に所属しているらしい。
せめて親しい友人レベルへの発言にとどめておけばいいのに。

ただそのことに反論ツイートする漫画家もだめ。
不思議だけど世界のみんながその絵を好きだとでも思ってるのかしらん。
多分その絵にたどり着くまでに
いろいろ試行錯誤したんじゃないかと思うけど、違うのかな。
生まれたときからあのタッチだったら
確かに批判されれば腹も立つかもだけど。

いいじゃん有名になってるんだし
ファンも多いんでしょ…知らんけど。
nice!(0)  コメント(0) 

違法のフリーコミックスサイトでしれっと読みたいという人たち [マンガ]

フリーコミックスサイトがアクセスできなくなって
「読めないのは困る」とか「読みたいのに」とか
堂々とそう発言する人に
「犯罪なのに」とあきれる世間の常識者。

当然の批判ではありますが
ここが、出版社が熟考しなくてはいけないところですかね。

普通に考えれば
違法サイトでも読みたいとする人たちは
店頭に並ぶコミックスを買う人ではありません。
絶対に買わない人たちですよ、多分。
買ってまでして読みたい本でもなく
とりあえず読みたい、と言う人が
無料だから…読みたい…だけ、なんですね。

実のところこの部分を出版社はもちろん
漫画家さんも考えなくてはいけないところ。
ま、漫画家さんはいつもそれを考えながら描いてるはずですが。

漫画自体が「面白いから」ということで
市販本を購入している人もちゃんといるのです。
要は面白くてとにかく買って読みたくなる作品を提供する。
常に提供すれば無料サイトに頼らず購入するでしょ。
だから数百万部も売れるコミックスもあるわけですよ。

違法サイトがまかり通る理由は簡単。
映画も漫画も金を払ってまでして見るに値しない
と評価しているからですよね。

何度も言うけど
無料サイトが稼げるのなら
本物の出版社が同じことをすればいいだけの話…
とそれで済めば簡単なんですけど。
nice!(0)  コメント(0) 

コミックスの海賊版サイト [マンガ]

ま、人の作品で稼いでいる奴は確かに許せませんね。
未だにあぁいうサイトの広告収入のシステムが
よく分からない年寄りですが…

まとめサイトとかも同じなわけで
結局なんとかすべきなのはそこのような気もしますが
それはさておいて…

そういう海賊版サイトがあるから
本が売れなくなったとか未だに言う人がいるようですが
それは全く違うのではないかと。

ぼくも海賊版サイトをたまに見ますが
それは何か面白い作品はないか探す目的。
今でも手元に置いておきたいと思う作品は購入します。
ところが世間にはゴミのような作品があふれていて
週刊マンガ雑誌はどんどん質が落ち
目にするのすら時間の無駄に思えるような状態。

つまり本当に読みたくなる作品を届けてくれれば買うのです。
そして読者の中には本当は購入したいけど
高いからとか、小遣いが少ないからとか言った理由で
購入できない世代も多い。
そういう読者にすれば海賊版サイトはとてもうれしいのは間違いない。

そこに着目するのが重要なのではないか、と。
つまり公式に
そういうサイトを作って
そこで広告収入を得ればいいだけの話ではないか、ということ。
実際にそれで儲けている、と言うのであればね。
公式で作れば、今ならデータ化されてるはずなので
素早く綺麗にアップできるはず。

僕としてはそんなことより
本当に読みたくなる作品を提供して欲しいのですけど。
nice!(0)  コメント(0) 

漫画雑誌も売れなくなってきた…とか [マンガ]

え?売れてたの?と言うのが正直な感想。
売れなくなった理由の一つとして
ネット海賊版の横行が上げられるようですが
それだけではない…と記事にはあります。

僕もそう思います。
正直言って今は「次が読みたい」と思う作品が少ない。
週刊漫画誌によっては目玉作品が全くないこともあります。
よくこれで続いているなぁ、と思いつつ
実のところすでに僕の年代の好みと
今の世代とは全くことなるようで
「今読みたいコミック」なんてのを見るとほとんど知らなかったり(笑)

漫画原作のドラマなんかが発表されると
その原作をほとんど知らなかったり…なんてことばかり。
僕は基本的に絵の上手い作品から入るので
どんなにストーリーが面白くても読んでいないことが多い。
ま、それも好みで
原作漫画のほとんどが残念な絵だったりします。
今の世代はそんなこと気にしないのですかね。

たまに「話は面白いのに絵が…」というのもあったりして…

ネットに「全国書店員が選んだおすすめマンガ」
と言うのがありましたがなんと、
15位のうち一つも読んだことがない、はは。
ま、世代の違い…ということで。

いずれにしても最近は小悦もマンガも
「書店員が選んだ」というのは全く信用できない。
というのも書店によっては本を好きではないような書店員
本を読んでいないような書店員を時々見かけるから。
最近では、ある日にその書店の売れ行き№2のお勧め棚の
その本がなくなっていて「売れてるんだ」と思ったら
翌日にもなく、別の棚を探したらあった…という…
以前にもいつものコーナーになかった月刊雑誌を
全く別のコーナーで見つけたり…
こんな店舗が多くなったのにどうやって書店員を信用しろと。
しかも全国の書店員と言っても1312名…とほほ。
nice!(0)  コメント(0) 

漫画家元アシスタントが残業代請求 [マンガ]

「ウソでしょ」と記事を読むと
どうやら本当のようですね。

ま、残業代を請求されるらしい漫画家自身が
「アシスタントは残業禁止」とか
「週休3日」とか「絵を描く作業は外注」とか
実行しているらしいんですね。
実際にできているのかどうか分かりませんが
その発言もあって
自身に支払われていなかった残業代を請求するのだとか…ふむ、
ま、それなら仕方ないか。

昔のアシスタントは
先輩漫画家の元でアシスタントをしつつ
その技術を学んでいた、と言う環境だったはず。
最近は、作画的には漫画家を遙かにしのぐアシスタントも多いようで
そういうプロアシスタントには
しかるべき報酬が支払われるべきでしょうね。

そういう状況は単純に漫画の質の向上にはいいことだとは思いますが
何かが引っかかるのは古い頭だからでしょうね。
昔から原作付の漫画もあったのだから
面白いアイデアと優れた作画家でいい作品にすればいいだけですね。
そしてそういう制作工場的なシステムで
漫画を仕上げていくのならやはり普通の会社同様の
給与システムにするのは当然の流れですかね。
質の低い漫画もかなり増えてきているので
サラリーマン的漫画制作はそれには拍車をかけるだけの気もしなくはありませんが…
nice!(0)  コメント(0) 

幼児ポルノ所持で逮捕 [マンガ]

なんだかね、仕方ないとはいえ…
所持しているだけで逮捕されてしまうんですね。
言ってみれば「単なる性癖」
「偏った趣味嗜好」って範疇だと思いますし、
単に自分で楽しむだけに持っている、
と言うことなんだと思うのですが…だめなんだ。

もちろん知人にそういう嗜好の人がいると聞けば
ちょいと退いてしまうのですけど…

この漫画家さんは
これで他人からはそういう目で見られることになるし
もう二度と漫画を発表することはできないのだろうなぁ…
なんかかわいそうです。

こういう取り締まりって必要なんですかねぇ。
こういう類いのものを厳しく取りしまるようになれば
個人的な楽しみとしていた人が白日にさらされるだけで
そこから犯罪まで走ってしまうような輩は
こっそり地下に潜んでいくだけのような気がする。

ところで幼児ポルノの所持って言うのは
動画だけじゃなく画像とかも対象なんでしょ、多分。
とすると漫画家さんのように絵が描けるのなら
自分が楽しむために絵を描くことも可能だと思うけど
それもアウトなのかな?
そういうことを禁止していくと
創造性に対してもマイナスの気がするのですが…
nice!(0)  コメント(0) 

一気につまらなくなってきた少年漫画 [マンガ]

なんですかね、アニメ絵が一時期増えた気がしていましたが
最近のはそれとは微妙に違う気がする。
それにしても昔ながらの手塚治虫氏や藤子不二雄氏を系譜とする
少年漫画の画風はどこへ行ってしまったのやら。
古いと言えば古いのかも知れませんが
昨今の、漫画家の個性を全く感じさせない絵柄は
なんとかなりませんかねぇ。

少年漫画、青年漫画全体を見渡せば
おなじみの画風や劇画タッチの画風はあるものの
とりあえずは第一線を走るはずの少年漫画誌が
これまでの連載をほぼほぼ終了し始め
新たに始まってくるのが
そのあたりの少女漫画風画風…うっ

それこそ漫画専門学校でも出てきたのかと思われるほど
技術がつたない…読みにくい…
なんでかなぁ。

ま、もちろん新しいタッチについて行けない
こっちが年を取っただけかも知れませんけどね。
nice!(0)  コメント(0) 

少年マガジンの印刷部数が100万部割れ [マンガ]

最近、本屋さんで少年サンデーは残っていないのに
少年マガジンが残っているのを見かけるようになっていました。
そろそろそんな状態なのかなぁ、とは思っていました。
以前、新編集長の方針に「あほじゃないの」と言っていましたが…はて。

少年サンデーの売上部数も減っているらしいので関係なさそうでした、はは。
状況的にはただただ、出版物の売上低下の波が来ているだけ
そんな感じでしょうか。

サンデー、マガジン、ジャンプの売れ行きが
それぞれ落ちてきたと言っても
いまではそれぞれの売上自体にすごい差があるんですね。
そのことから考えれば
みんなが読みたくなる漫画さえあれば
まだまだ売れるはずなのは間違いないと思うのですけどね。

とはいっても僕らの世代ではもう売れるマンガ自体わかりません。
「進撃の巨人」なんて絵が気持ち悪くて読む気もしませんでした。
実写化される作品殆どが聞いたこともない漫画ばかりです。

そうは言ってもマガジンに掲載されている漫画は
少しずつ面白いのが減ってきているとは思っていたので
マガジンの売上減少はさもありなん、というところ。

確かに爆発的にヒットして
永く読み続けられる作品はここのところ見かけませんね。
そろそろなんか出てきてもいい頃なんだけどね〜
メッセージを送る