So-net無料ブログ作成
検索選択
交通マナー ブログトップ
前の10件 | -

交通規則を守るのは当然ですが… [交通マナー]

以前も書いたかと思いますが、
相変わらず気になる近くのイオン交差点の取り締まり。
昼には本屋さんのあるイオンまで歩いて行くのですが
気になるのが白バイの交通取り締まり。
多いときには行き帰りで3件ほど見かけたこともあります。
イオンに着くまでに1件、帰るときに1件、
横断歩道を渡ってもう少し進んだところで1件…
僕は本を見るだけなので帰るまでほぼ20分程度。
その間にこれだけ捕まるとすると…一日ではどれだけ捕まっていることやら。

もちろん、ルールを守らないドライバー
しっかり取り締まって欲しいところですが
ある日には取り締まりを終えた白バイが近くの交差点でUターンして
イオン方向へ戻るのを目にして
「さぁ次も捕まえたるでぇ(勝手な妄想)」で戻る光景も。

正直な話、今でもスマホを操作しながらのドライバーは見かけるので
そういうドライバーはこってりと油を絞って欲しいのですが
イオン近くの交差点はあまり見かけないスクランブルの三叉路。
僕もたまに車で通過することがありますが
イオンができた頃は普通の交差点で
多分車の流れ、歩行者の動きに合わせて
スクランブルに変更されたのだと思うのですが
変更された頃は僕も戸惑うようなパターン…もう慣れましたけどね。

ということは初めての人は間違えてもおかしくはない信号です。
もしそこを見つけて違反切符を切るのなら
単純に切符を切るだけではなく
どういう信号なのかを適切に説明するのがいいのではないか、と。

実際にどういう違反なのかを見たことがないので
なんともいえませんが、
以前、そういう光景を見た後に
少し離れた交差点でスマホを操作しながら交差点に進入した車を目にし、
こういうのを捕まえてくれなきゃ、と思ったこともあります。

よくネズミ捕りは
ミスを起こしそうな場所を選んでやってると聞いたことがあるので
少し気になる光景でした。
そういえば、かみさんも息子も「一時停止」で違反切符を切られたことがあり
自分は一時停止したつもりでも「そうは見えなかった」と切符を切られたらしい。
本来「停止したかどうか」が問題ではなく
「停止して安全確認ができたかどうか」が問題のはずなんですけどね。
nice!(1)  コメント(0) 

飲酒運転は絶対にやってはいけない [交通マナー]

なぜか不思議なのですが
公務員などが飲酒運転で罰則を受けるとき
職をなくすような裁定に対して毎度のように
「厳しすぎる」という声が周辺から出てきます…なぜ?

飲酒運転をしてはいけないことは誰もが知っていること。
理由は簡単、運転の上手い人でも感覚が鈍り
事故を引き起こしてしまう可能性が高まるから。
事故が起きれば運転者のみでなく
なんの関係もない人が巻き込まれてしまうわけです。
つまりこれはれっきとした犯罪。
結果によっては殺人と同じことを引き起こす訳なのに…
その未遂に対してどんな処分が妥当だというのやら。

意識していないミスというのは誰でもすることです。
ところが「飲酒して」「車を運転する」という行為は
「やってはいけないこと」を意識してやっているのです。
本人は少しくらい飲んでいても大丈夫、というつもりかとは思いますが
他人から見れば「人を轢いても構わないから飲む」としか見えない。
一度でもそういうことをする人は
一度捕まったから二度としない…わけではない。
捕まる以前に何度飲酒したかわからないし
捕まったことを「運が悪かった」としか思っていないわけです。

そんな人が単に未遂で捕まったから、といって
次も絶対にやらないなんて言い切れない。
逆に見つからなければまたやるだろう、としか
想像できないわけです。
だからこその罰則。
これはそういう罰則に値する行為だと
本人はもとより関係者にも周知してもらいたいからこその罰則。
それをねぇ…
nice!(0)  コメント(0) 

人の運転をとやかく言えるほど上手くはないけど… [交通マナー]

最近下手なドライバーをよく目にします。
ま、その多くは相手に配慮していないのが目に付くのですが。

先日見た軽のおじさん
近所の住宅街へ進んでいったのですが
住宅街なのでスピードが出ないようにカーブが多い。
進入した時ちょうど対向車が来たようで
カーブの途中でピタッと停まってしまった。
相手は大きなワンボックス
相手も停まったので知り合いかと思ったら
そうでもなさそうですぐワンボックスが動き始めたのですが
とにかく窮屈そうに進む…その間、軽はピクリとも動かず。
見ると軽の左側は1m近く空いている…え?

ま、ちょっと目に付いただけだったので
想像とは違うのかもしれませんが
そのおじさん自分が乗っている車の車幅を認識できていないのでは、と。

最近も未だに見かけるのが
横断歩道の停止線前で1台分空けて止まる車。
推測するに、右折車のハンドルの切りすぎによる衝突を避けたいのだと思うのですが、
それを2車線の直進側でやる馬鹿が増えています。
ま、違う目的なのかもしれませんけど…

逆に昔から多いのが
横断歩道の停止線をオーバーして横断歩道に車体半分ほど乗っかってる車。
行けると思ったら行けなかった、という状況なら理解できますが
とっくに進行方向が赤になっているのに関係なし。
このあたりは確実に運転が乱暴なんでしょう。

最近見たので馬鹿でしょ、と思ったのが
隣の右折車線に止まった車、
こっちの車体半分ほど停止線から下がってる。
そういうことだなと思っていたのですが、
交差する道路の右折車が曲がってきたタイミングで青になったら
右折車が来ているのに発進し始めた…え?
そりゃ青だけど、その車を警戒してたんじゃないのか?
と思ったとき停止したんですけどね…
形式的に停まってただけなのか…
nice!(1)  コメント(0) 

最近むっとしたこと [交通マナー]

駐車場から車道に出る場合
たいてい歩道を横切ることになる。
だから歩道に歩行者がいないことを確認して
車道に侵入できる状態になったら
駐車場〜歩道〜車道と進んでいくことになる。

たまに気になるのは
歩行者が来ることがわかっているはずなのに
歩道をどんと塞ぐ状態で停止。
車道は車が来るのですぐには出られない…
というドライバーですね。

通りかかった歩行者は後ろか前に回り込むしかない。
普通のドライバーは
歩行者を確認したら歩道には進まないで歩行者が行き過ぎるのを待つ。
車道が空いたら素早く動きたいドライバーは
歩道に車体を少し出して
歩行者も少し脇によればさほど回り込むことなく歩道を進める状態にする。

ところが最近立て続けに
歩道をど〜〜んと塞いで
とにかく車道が空くまで待っているドライバー。
こういうドライバーを見ていると
歩行者がいることに何の関心もない様子ですね。
歩道も車道も確認せず車を進めるから
なかなか車道に侵入できなかったりしているし。

このあたり歩行者に全く気を遣わないドライバーが
今のところ全部女性だった、
というのは偶然だということにしときますか。

運? [交通マナー]

昼休憩にはイオンに歩いていき本やら電化製品、
食材の価格などをチェックしてきます。
運動不足解消のための散歩でもあります。

今年に入ってイオン近くの交差点で
数回、白バイが車を停めている光景に何度か出会いました。
それこそ見かける日にはイオンに着く頃に一台
イオンから帰る頃に一台…という頻度。
一日だとすごいことになっているかも…ですね。

これがいわゆるネズミ捕りか…
僕は会ったことないので全くピンときません。
見るとたいてい左折車ですね。
止めやすいのかな。

その交差点で停められる違反って何か考えても
余り思いつかないのですけどね。
左折時の安全確認とか、横断歩道手前の一旦停止とか?
スマホを持って運転していたとか?
実際どうなのかはわかりませんが
なんですかねぇ。

スマホを操作しながらの運転は
未だに時々見かけますが
そのほとんどは近くに白バイもいないので
普通に目の前を過ぎ去りますね。
そこで見た人たちはどんなことで止められたのかは知りませんが
本人たちは「運が悪かった」と思うだけなのかも。

交通マナー [交通マナー]

いつ頃からか横断歩道の停止位置から
一台分ほど空けて停止する車を見かけます。
最初その車の後ろについた時は
意味不明だったし「渋滞するから止めろ!」
と思ったのですが、後々理由が判明。
右折車の急な切込みで起きる事故を避けていたんですね。

とはいえ、センターポールがあるのに
一台分空けたり、後ろが詰まってきているのに
のほほんと停止していたり
周りに配慮のないのにはうんざりします。

そして逆に気になるのは
住宅街のT字路でそういう曲がり方をしてくる車の多いこと。
住宅が立ち並んでいて少し頭を出さないと見えないのに
全く予想していない状況から切り込んでくるので大変です。
よく事故を起こさないものだと驚きです。

ふと思ったのは
そういう事故から自分の身を守ることはしても
自分がそちら側になるかも、ということは思わないのですかね。
もちろんその行為を同じ人がやっているのかは不明ですが
「そういう事故がある」ことが広まって
事故に合わないように対処する人が増えるってことは
事故を起こす人が、事故が起きないように考えて
事故もなくなる、というのが当然の成り行きだと思うのですけどね。

多分、被害者にはなりたくないけど
加害者になるかも、なんて思いもしないのでしょうね。
死んでしまうような事故じゃなければ
加害者になる方がよっぽど怖いのにね。

それって中毒症状では [交通マナー]

運転中にポケモンGOを操作していて交通事故。
そしてお子さんが亡くなったということで
ソフト会社に使用規制が要請されました。
ところがその時ユーザーは
要請した行為に不満の声をあげたとか聞きました。

規制されることによって同乗者が使用できなくなるからですかね。
だったら運転する人間に操作なんかさせるなよ。
こうして起きてしまった事故を
二度と起きないようにできるいい方法が他にあるのなら提示してみなさいよ。
と腹立たしかったのですが…

それなりの規制がかかった今でも
運転中にポケモンGOを操作する輩が後をたたないと聞きます。
そりゃそうでしょうね。
スマホを使いながらの運転で死亡事故が起きた後ですら
「自分は大丈夫」とそちらも未だに
運転中にスマホを操作するドライバーを見かけます。

飲酒運転をする意識と同じですね。
どうしたらいいのでしょう。
スマホを操作しながらの運転をよく見かけても
逮捕されることは殆どありません。
僕らが見かけてもどうすることもできないし。
このあたり目撃通報で厳しい罰則を与えるくらいしなくては
無理かもしれませんね。

最近とみに増えた高齢ドライバーの事故 [交通マナー]

よくあるのがブレーキとアクセルの踏み間違いなんですが
「踏み間違えるのかなぁ」と考えてみて思い出したのが
オートマチック車の仕様。

AT車のない頃の免許なのでMT車の免許なのですが
ギヤチェンジはやはり面倒だし
家族も乗る車だから当然のように乗る車はAT車です。

初めて新しいAT車が届いたときに
ドライビングの説明を受けていて
クラッチペダルがないので
ブレーキとアクセルの上に
左足と右足を乗せようとしたら
左足は使わないと説明されたことを思い出しました。

MT車は左足でギヤチェンジのためのクラッチペダルで
右足でブレーキとアクセルを使います…ずっとAT車だから忘れちゃったな。
だからブレーキとアクセルを右足で使い分けるのは
AT車と同じなんですが、ブレーキング動作の中で
どうしてもクラッチ操作が必要になるんですね。

意見によってはMT車の足の置き場所の関係から
MT車でアクセルを踏む場合足が開きすぎるので
踏み間違いは起きない、とあるのですが…これは?
いずれにしてもMT車のブレーキング動作は
クラッチを踏んでギヤを戻してブレーキ…
ということで一連の動作ですが
それでも急ブレーキはどうだったんですかね。
ふむ、MT車でも踏み違える人は居そう。

ま、とりあえず今は踏み間違える気は毛頭ないけど
気になっているのは「高齢者のブレーキ踏み間違え」が
少しずつ刷り込まれているような気がすることですね。
認知症というか、自身の意識レベルが低下した時
自分は踏み違えるかも知れない、などと
薄らぼんやりでも思っていたりしたら…

JAFのアンケート調査「都道府県の交通マナー」…あれ? [交通マナー]

どうせ愛知がトップだろうと思ったら
愛知は6位でした…ま、上位は上位ですが、はて?
よく見ると「あなたのお住いの都道府県の交通マナーについての質問」
とあります。
つまり自分の住んでる土地の交通マナーということのようです。
約65,000人の回答者の内訳は
一番多い東京が8.9%で一番低い沖縄は0.3%…ふむ。
ということは回答者の多い地区ほどデータの信憑性は高いものの
回答者の少ないエリアと比較するのはどうなんでしょ。

ちなみに「マナーが悪い」と答えた比率が多いのは香川県。
続いて徳島県、茨城県、沖縄県、福岡県、愛知県という順番。

ま、素人頭で言えば東京は「交通マナーが悪いと思う…20.7%」なので
その20.7%だけが回答したとすれば内訳的には回答者全体の1.8%。
つまり香川の回答者0.8%よりまだまだ多い、ということです。
もちろん統計学的には数字自体は信用に値するのでしょうが
可能性としてはそんなこともあるのかと。

それと回答者の運転能力や生活習慣などもいろいろと影響するでしょうね。
僕の過去の記憶では、沖縄のドライバーは不親切で
車線変更しようと思ってウィンカーを出したらそれまで空いていた車間を詰められて
しばらく車線変更できませんでしたし
北海道のドライバーは追い越し禁止のエイリアですごいスピードで追い越される
という極めて乱暴な運転でした。
回答者が全てドライバーなら
自分自身の反省点もあるかもしれません。
下位の県のドライバーは自分の運転に何の疑問も持っていない可能性も…

こういうデータが各ドライバーに注意を促す意味があればいいのですが
下位の県に住む悪質ドライバーが、自分は良質と勘違いしなければいいのですが。

信号のない横断歩道で停止しない車90%以上 [交通マナー]

これはまた非常に多い数字ですね。
調査は半月ほどの間全国の94箇所で調査。
信号機のない横断歩道で横断しようとしたところ
通りかかった合計1万26台のうち
一時停止したのは757台という結果に…あらびっくり。

運転者として思い出してみると
人を確認しても「渡ろうとしているのかそこにいるだけなのか」
わからない時もあります。
渡ろうとする意志を確認できたら当然停止しようとしますが
たまに対向車が止まらないときもあったような…
とりあえず自分は10%以下の停止するドライバーだとは思うのですが…

横断者としては
僕は基本ドライバーを信用していないので
信号のない交差点では確実に渡れるようになるまで待ちます。
そんな時、その一台が通り過ぎれば余裕で渡れるのに
その一台がこちらに気づいてスピードを落とし停車したときは
最初のスピードで行き過ぎてくれればもっと早く渡れたのに、と思うことも、はは。
なので車を見つけたときはまず渡らない素振りをするのですが
それでも停止して渡らせようとするドライバーもいるのですね。
ひょっとすると今回の調査はそういうドライバーだけだったのかも。

僕も経験があるのは人がいるので停止したら
全く渡るつもりもない人だった、ってこと。
何度か経験しています。
そのあたりの見極めが難しいときもあるような気が…
とはいえ、たしかに交通量の多い横断歩道で
信号がなかったりすると渡れるようになるまで時間がかかることはありますね。
それは多分、前の車が止まらなかったから
「渡りたい人じゃない」という判断もある気がするのですが、どうでしょう。
前の10件 | - 交通マナー ブログトップ
メッセージを送る