So-net無料ブログ作成
検索選択
個人情報 ブログトップ

流出した情報は消せない [個人情報]

そんなの当たり前でしょ。
っていうよりデータ化された情報はネットと繋がっている限り
他人が手に入れることは簡単、って言った方がいいのではないかと。
それが怖いと思うのならネットなんてやらないこと。

といいつつ、それこそ通信教育業者どころか
ほとんどの業者がネットによる登録を勧める。
アナログのつもりで書き残したつもりの情報も
素早く業者にデータ化される。
今のネット社会はそんなもんでしょ。

で、だれが考えたのかしれませんが
個人情報の取扱」というものをより強調したせいで
利用者が気にするようになって
情報の価値が上がり業者が金儲けに利用するようになった、という流れ。

いずれにしてもこの流れは止めようがないので
自分が情報を誰かに伝えた場合は
いずれ誰にでも知られることを覚悟しておくこと。
それが嫌ならとにかく外部との接触を断つ。
ま、そんなことで生きていけるはずはありませんけどね、うん。

通信教育の大会社が顧客情報を流出させたとか。 [個人情報]

すごい量の顧客情報が流出したらしいですね。
顧客からの問い合わせもすごいことになっているらしい。
とはいえ、住所や家族情報程度なんでしょ。
まさか、カード情報はないと思うのですが、
それが流出したらさすがにやばい。

個人の家族構成や住所・電話番号なんて
手間をかけて調べればどうにでもなるもの。
とかく個人情報の取り扱いを厳しくしたものだから
秘密にしていた〜知られた〜まぁ大変、
とか言ってるけど、別にセールスが鬱陶しいだけで
毅然と対応すれば済む話かと。

うちなんか、前を通れば建物が経年劣化しているのがわかるので
あとは住所と名前から電話番号を調べて
関連会社からの営業が増えてきています、ふふん。
世の中そんなもんでしょ。

とはいえ、今回の情報流出方法がどうもいただけないようです。
社外の第三者にデータアクセスをされたようで
信用を裏切られたとはいえ、
危機管理が甘すぎる。
ま、矛先をそらそうとしているのかもしれないけど…

そして、顧客情報に金を払って利用した会社が
これまた著名な会社。
正当な情報として購入したとか発言しているようですが
一番最初に見た記事では
一度は怪しい情報ということで
情報会社と相談して購入は見合わせたものの
後々、やっぱり欲しい、となったとありました。
さてさて、どちらの情報が正しいのやら。
新聞が適当に書いたのかもしれないし
購入会社が追求を逃れるため話を変えたのかもしれない。
デジタルだけでなく普通の新聞さえ巻き込まれているので
ほんとに何を信用すればいいのかわかりません。

ま、その程度の情報からのDMは別にいいですが
大学を中退した娘に卒業時の晴れ着のDMが来たりするのは鬱陶しい。
情報は1年毎に精査して欲しいものですわ。
ん、それでも稼いでいた時によく来たカードのDMは
売上が落ちたら来なくなってた…ふむ。
よく調べとるやん。
個人情報 ブログトップ
メッセージを送る