So-net無料ブログ作成
検索選択
ニュース ブログトップ

路線バス運転手が運賃着服 [ニュース]

記事タイトルを見て「え?どうやって?」
と思いましたが、意外に簡単なんですね。
乗車記録が残って
運賃合計が自動的に記録されてるかと思いましたが
さすがにそこまで自動にするのは難しいか。
となれば運賃回収の時点で
こっそり抜き取ればばれないわけだ、ふむふむ。

ということで、その着服ドライバーが見つかった路線バスでは
5人の運転手の着服が見つかり解雇された、とか。
ひゃ〜大変。
5人も一気に解雇したら人員が足りなくなるのでは?
と別の心配をしちゃいますが。
こんなに簡単に着服できたら
他の路線バスでやっていても不思議はないですが
大丈夫なんですかね。

それにしても合計260万円とはすごい。
そんなに着服されても
乗客からの通報があるまでばれなかったわけだから
本当に簡単にできちゃうんだ。
nice!(0)  コメント(0) 

届いてくるニュースから全体像を把握するのは難しいけれど [ニュース]

最近起きた痴漢冤罪事件。
女性から痴漢だと主張されたが
無実を訴える男性、周囲の目撃者も無実を主張。
女性は主張を変えず男性を降ろそうとするが
当然男性は車内から降りず電車は20分以上停車。
警察が来ても埒が明かず、結局降車させられ
事情聴取後、男性は解放された、というニュース

普通、疑問になるのは第三者が無実を主張しているのに
それを認めずごねた女性の処分ですね。
これがもし、周囲の協力が得られていなかったら
明らかに冤罪になっています。
つまり迷惑の発端はこの勘違い女性。
ま、勘違いか言いがかりか記事からはわからないのですが…

そして驚いたのがこのニュースに対して
あるキャスターの女性が
「男性が20分も電車を止めた行為は迷惑」と発言したとか…
常識的なキャスターだと思っていたのですが
情報を全く精査せず、痴漢事件ということで
最初から女性側に立っているようです。
キャスターがそんなスタンスでは
公正な判断は望めませんよ。
即刻キャスターをやめたほうがいいです。

番組にいた弁護人と称する輩が
「一人ひとりが間違った行動をしていなかった」というが
もともと「してもいない痴漢行為」をしたと主張し続けた女性が原因。
いわれのない主張で降りる予定でもない電車から
迷惑をかけるからと無実の男性が降りる必要はまったくないはず。
それどころか、男性にその後予定があったとしたら
男性こそ本当に迷惑な事件だったはず。

キャスターも弁護人も
結局当事者の立場にすら立つことのできない
報道に関わる人間としては情けない発言としかいえませんね。

色々と突っ込みたいニュースはあるけれど [ニュース]

サラッと読むと突っ込みたいけど
詳細がわからないから突っ込みにくい記事が多い。

アイスリンクの下に凍らせた魚を配置した話。
アイススケートする足元に魚がいるわけでしょ。
イメージとしては魚が泳いでいる池の上でスケートをする感じですかね。
ニュースになって取りやめになった理由は
死んだ魚を凍らせているとこですよね。
なんか商品にはできなかった魚を譲り受けてやったらしいのですが
確かに微妙です。
水族館みたいに大きな水槽の上にリンクを作ればよかったけど
当然そんな予算はなかったんでしょうね。

雪山の遭難事故で
救助作業中に救助者を死なせてしまい
身内が訴えていた裁判で賠償命令がでた、とか言う話。
自分で勝手に遭難して救助作業をしてもらいながら
作業者のミスで死んだから賠償しろ、なんて…
と普通に思う記事なんですが。
やはり詳細がよくわからなくて
賠償命令が出たからには
作業手順の中で起きてはいけないミスがあった、
と理解するしかないのですが…
一瞬思うのは、救助者が来なければ死んでいたのでは、ということですね。
そこがどうしてももやもやする。
ま、賠償するのは仕方ないとして
救助失敗とは別に要請されて救助に行ったという
費用請求はしてもいいかも、とも思ってしまいます。

普通のことでも記事になるのは
記事を書く人が「これは伝えなきゃ」と思ったわけで
「いいことはみんなに知ってもらう」ものもあれば、
「これってあり?」も意味合いも多いようですね。

結局学歴重視なのかな [ニュース]

女子中学生が2年間行方不明になっていた事件で
容疑者となった男性がちょうど大学卒業した、ということで
大学側が卒業取り消しを検討している、という話。
ネットでは賛否両論溢れているというのですが…

正直「どっちでもいいやん」と思うのですが
思うに例の学歴詐称の時と同様に
「卒業したか、しなかったか」で経歴に残る
学歴の表示が問題ってことなんですね。

世間がいつまでもそこにこだわるのは
やはり学歴社会だからということなんですかね。
下らない。

普通に学業を全うして卒業まで至ったんだから
卒業させるのは当然の話。
それで経歴の大学卒業が付いたところで
前科が消えるわけでもない。
それよりも、罪を償って社会復帰をするのは良いけれど
経歴にはその前科もはっきりと載せる、というのが正しいかと…
ま、それもやりすぎですか、ふむ。

世間が疑問に思うような判決は再審、ということで [ニュース]

ネットニュースに載るような裁判結果の記事は
大抵の場合、筆者が疑問に思った判決だった場合です。
そういう記事にはほとんどの読者が「何故?」と思うようなものばかり。

今回目にした記事は
センターラインをはみ出して飛び出てきた対向車にぶつけられ
飛び出した側の助手席にいた男性が死亡した事故。
ぶつけられた車には、回避責任があるということで
損害賠償を求めていた裁判で
ぶつけられた側に4000万円余りの損害賠償を命じたそうです。

記事を目にして本当にびっくり。

命じた理由は「ぶつけられた側に過失がなかったと証明できなかったから」だとか。
「過失があった」と証明できなかったのに、です。
え?疑わしきは罰せず、では…とかいうのはさておいて。
さて、自分が運転している時に
突然センターラインを越えて対向車が飛び出てきたら
どのくらいのレベルで事故を回避できるのでしょう。
瞬時に判断すべきことはいくつかあると思いますが
対向車がセンターラインを越えて向かってくることは
とりあえず想定することはありません。
事故が起きないように配る注意は自分が100%法規を守ることと
もらい事故に巻き込まれないように並走車や
交差点での人や車の動きに注意することでしょうか。

ちなみにこの場合
保険会社による保障の処理はどうなったんでしょうか。
どう考えても10:0かと思うのですが違うのかな。

とにかく思うのはこの訴訟を起こした加害者側家族の信じられない発想と
予想される弁護士の助言でしょうか。
とにかくこの判決は覆しておかないと
この先何が起きるか怖くて仕方がありません。

この裁判官名は覚えておく必要がありますね。
なんだろ、未だに現実社会を知らない裁判官が
こういう判決をしてしまうことに恐怖を感じます。
ニュース ブログトップ
メッセージを送る