So-net無料ブログ作成

ビルの落書きを消したビル所有者に賠償命令 [芸術]

「落書き」を公認していたビルの所有者が
建て替えを計画し工事前に落書きを白塗りしてしまったことで
45作品の落書きを描いた「芸術家」から
「精神的苦痛を与えられた」として損害賠償請求。
ニューヨーク連邦地裁は約7億3千万円の損害賠償を命じましたとさ〜ちゃんちゃん♬。
さすがアメリカ。

さて、これってビルの所有者が
「落書き」を「芸術」として許可する前に
ビルを汚された、として損害賠償を請求したらできたのでしょうか。

もちろん話し合いもせず勝手にやってしまった
と言うことが問題なのでしょうが
そういうものを「芸術」とかいって
保護する姿勢というのがアメリカのいいところでもあり
悪いところであるのではないかと思いますね。

そういう落書きのような作品が評価され
芸術とまで持ち上げられることで
作家として潤うのは喜ばしいことかも知れませんが
どこかの権威者がそう評価しなければ
芸術として認められなかったのも事実。

そういう評価が広まってから
作品をありがたがる人たちって
本当にその作品を評価できているのかと言えば
かなり疑問です。

海外で評価されたからと
国内で評価されなかった俳優やアーチストが
得意満面で凱旋してくるのもそんなパターン。
本質的な質の低さや技術のなさは変わらないのに
単に「海外で受けた」という事実だけで一流ぶる。
笑っちゃいますが
一般の人たちの評価基準って大抵そんなものなのが残念です。
単純に自分が好きだと思うものだけ楽しめばいいのにね。

nice!(0)  コメント(0) 

現代アート [芸術]

長崎市が眼鏡橋の欄干などに
現代アートイベントを施したら
「景観が壊される」とクレームが相次いだので
急遽取りやめた、とか…

僕は芸術には全く興味がないし
ましてや現代アートと称されるものは
ほとんど評価に値しないレベルの嫌悪感があります。
ですが、イベントとして行うことを決めたのなら
クレームがあろうとそのままやりきらなくては。

最近、CMやらイベントやら
やってみてクレームが出るとすぐにストップしてしまう。
そんなことが多いですが
そんなことで止めるようなら
最初から企画するべきではないし
企画したのであれば賛否があろうとやり通すべきです。

今回の批判は約50件とか。
さてそれがどれくらいの批判レベルなのかは分かりませんが
企画を進めることになった時点で
関係者はそれでいいと思っているはず。
例えばそこで反対意見があって企画がゴーになったとしたら
余計に止める理由としては理解できません、
第一アーチストにとっても失礼です。

こういうことばかり続いているから
ひょっとすると騒ぎに乗っかって
批判に加わり中止になってほくそ笑む
なんて奴も出てきたりしますよ。
もっと毅然とした態度で臨んで欲しいものです。
nice!(0)  コメント(0) 

普通は使わないものを画材にする [芸術]

石に絵を描いたりすることは以前からありましたし
ダンボールを素材にするのも普通に手法として理解できます。
ただ、バラエティ番組なんかで紹介される手法の中には
「ん?」と首を傾げてしまうものも少なくありません。

絵を描くことが好きな僕は
自分の描き方に馴染む道具を探すことはありますが
その目的は「上手く描けること」だけ。
もちろん最初から上手く描ける道具なんて少ないですから
とりあえずは上手く描けそうになるまで試してみます。

その時に他人が使わないような特殊な道具が
自分にフィットすれば使うことも吝かではありませんが
時々テレビで紹介されるそれは
とにもかくも「普通は画材にしないもの」を使っていることがポイント。

もちろんいろいろな作品があるので
特殊な画材全てを否定するわけではありませんが
目にするものの中には何故それを使ったんだろう、と疑問に思い
マスコミに取り上げてもらうための手法ではないのか…とも勘ぐったりします。

ま、完成品自体に魅力のないものは結局話題に上らなくなるので
なんということもないのですが、
いつまでもそういうネタは尽きないようです。
メッセージを送る