So-net無料ブログ作成

教師の厳しい現実は知らないけど [教育]

プライバシーを削って
部活の顧問をやったり
試験の採点など残業手当のない日々を強要される
本当に教師って大変な仕事なんですねぇ…
改善されるべき現状だとは思います、が…

自営業の人たちって
それこそ休みや残業代のない職場環境にあって
同様の毎日を暮らしている人が多い。

とはいえ、自営業の人…つまりフリーランサーは
望んでその職に就いた人が多い。
だから仕事を続ければそうなることは分かっていて始めたし、
自営だから続けるも続けないも自己責任、とはいえる。

と、一応の線引きは引きつつも
教師だって未来を担う子供たちを
正しい道に導いてあげよう…的な発想で
望んで進んだ道だと思うのですよ。
ただ安定の公務員と言うことだけではなく、ね。

ただどうしてもモヤモヤするのは
自営業でどんなに稼いで、年金を受け取る年齢になっても
それだけで暮らしていける年金を受け取ることはない。
もちろんそれ以上稼いでおけばいいんですけど
誰もがそこまで成功するわけじゃない。

ところが教師って定年後は
年金で悠々自適な生活が可能、と聞いています。
現実は知りませんけどね。
やっぱりモヤモヤするのはそこかなぁ。

自営業の、その宿命は
やりたいことを仕事に選んだからだと納得するのですが
職場環境がブラックなのを理由にしているとは言え
顧問就任は嫌とか言って自身ことだけを考え、
生徒たちが楽しい学校生活を送れるようにどうしたらいいのだろうかと
考えを巡らしていないように聞こえるのは残念です。
定年後もぬくぬくと暮らせる職業だから
と言う理由だけなのかな、とその選択理由を勘ぐったりもして。
nice!(0)  コメント(0) 

大学は行った方がいい? [教育]

高卒の僕は今まで仕事を続けていて
損得から行っておいた方が良かった、とは思いません。
とりあえずは僕レベルのデザイナーなら
そうそう学歴がものを言うことはないからです。
一線で活躍するのならひょっとすると
影響はあったかも知れませんが。

それよりも
上司になったりクライアントと打ち合わせを繰り返したりしたことで
部下にもクライアントにも思ったことですが
大学である程度学んできていることは重要かも、
と感じたりすることがあります。

まずしっかりと学んできている人は
理解力が違う…何故か分かりませんが。
知識や学力の違いもたまに感じることはありますが
それ自体は高卒であろうと大卒であろうと
社会人になった後でもいくらでも学べるので問題ありません。

ところが大卒ではない部下に
仕事の手順ややり方を説明したときに
すんなり理解してくれないのに
大卒のクライアントに疑問点や改正点を伝えると
理解した上でさらに新たな提案を加えてくれる。
やはり何かが違うんでしょうね。

もしかすると
僕らの世代では学力的に行けたとしても
他にやりたいことがあるから行かなかった高卒で、
今の人たちは行きたいけど
学力が追いつかないから行けない高卒だったりする?
まさかね、それはないか。
nice!(0)  コメント(0) 

アルマーニの制服9万円 [教育]

これでも教育者なのだろうか。
アルマーニの制服9万円…親が納得しているのならわかるけど
納得していないから抗議をしている。
しかも校長の独断で誰とも相談せず決めたらしい。
「銀座の学校だから」ということで
納得する人もいるようだし
お受験もない公立小学校だから
金を払えないのなら行かなきゃいい、と言う声もあるようですが…

お金を持っている裕福な子女なら私立に行くのじゃないの?
そんな余裕がないから公立に行くのだと思うけど
銀座にあるとそんな考え方じゃないのですかね。

不安要素としてあげられたのが
高額な制服を着用できなかった生徒がいじめに遭うのではないか、と言う心配。
確かにあり得ますが、それに対して校長は
「そんなことをしてはいけない」と指導していくと発言。
あほでしょ…本当に教育者なのかしらん。
いまの教育の破綻は教師の言葉に裏付けがないから生徒が耳を貸さないのだし
小学生となれば見た目の現実をそのまま受け取るだけ。
言葉でどうフォローしようが
自分と同じ高額な制服を着られない他人を
色眼鏡で見るのは目に見えている。

ま、こう書いてもどうやら貧乏人の発言のようで
金はあるところにはあって9万円なんぞ懐も痛まない親もいるのでしょう。
上着だけだったら4万円で済む、そんな騒ぐことじゃない、と言う人も…ふむ。

強制ではないとか言っているのだから
誰も着用しないというのもありかも。

それにしてもアルマーニをよく知りませんが
アルマーニならもっと高い、と言う声もありました。
となるとバックマージンをもらえるわけでもなさそうだし…
この校長、狙いはなんなんだ。
nice!(0)  コメント(0) 

わいせつ犯罪を犯した教員が再度教員になれることが信じられない [教育]

わいせつ教員の再犯が相次いだとか。
いやいや、なんでまた教員になっている?

停職以下の懲戒処分情報が都道府県間で共有されないので
犯罪を犯した都道府県でなければ採用されるらしい、あほな。
それ自体が個人情報だから
各都道府県の保護条例によっては
その犯歴を知ることができないのだとか…
いやいや、教員としての資質の問題ですから
教員資格自体をと取り消しておけばいい話でしょ。
個人情報を守るというのならその理由を書かなければいい話。

他県の処分は把握が難しくて
履歴書や自己申告を信じるしかないとかいうけど
さすがに過去の勤務先には確認するんでしょ。
まさかしないことないと思うし、
確認すればさすがに犯歴を
「個人情報だから教えない」なんてことにはならないのでしょ。
まさかそこでも教えないのかな?
馬鹿馬鹿しくって話になりませんね。

これもひょっとすると形式的に個人情報を守るっていうルールの弊害ですかね。
個人情報を守るため、とかいっていろんな制約ができましたが
迷惑メールは相変わらず届くし、見知らぬところからDMも届く。
単に不便になっただけにしか思えないのですけど。

これはダメです [教育]

男性の小学校教諭が
当時5年生の男子児童が注意に従わなかったので
暴力を振るった後
「これで先生がクビになったら一生許さへんからな」
と暴言を浴びせていた、とか。
その件が発覚して教諭は戒告処分となったそうなんですが…

僕の息子は小さいころ
突然飛び出してきた近所の飼い犬に驚いて
今でも、どんな可愛い犬を見ても「可愛くない」
と犬を敬遠しています。
つまりこれがトラウマ…幼い頃に体験した恐怖体験は
いくつになっても消えることはないのです。

教諭に脅された男児は
これで大きなトラウマを背負うことになるはずです。
本当はクビにして欲しいのですが
それこそトラウマをさらに深めてしまうことにもなりそうですね。
男児にとっては本当に取り返しの付かない発言でした。
もう取り消せないし、男児の心から消せない。

精神科の医師の協力でなんとかしてあげて欲しい。
そして少年には知らせず
この教諭はクビにして欲しい。
また同じことをしかねない教諭は
教育の現場に立つべきではありません。
メッセージを送る