So-net無料ブログ作成

バラエティ番組の気の抜けた問題 [テレビ]

ある分野が得意なタレントに
50問の難問が解けるか〜と言うクイズ。
以前は「お〜すごい」と
そのタレントの知識に驚いたものですが
ここんところどうも「?」で終わることが多い。

もちろん回答者であるタレントが知識があるのは認めるのですが
それ以前に問題の出し方にどうも疑問が多い。
今回は花の問題。
最初は野菜の花の写真から野菜名を当てる問題。
なかなかすごいと思いましたよ。
ところが超難問と宣う最後の問題。
3つの花の写真どれが「花菖蒲」「カキツバタ」「アヤメ」か
と言う問題…もちろんその名前は出ていませんが。

それが超難問なのは花に全く興味のない人。
花のことに興味があっていろいろ見てきた人なら
超初級問題でしょ。
間違えやすい、というかわかりにくい花の代表じゃないですか。

そういえば以前にも
最後の超難問が糞問題ってのありましたねぇ。
ひょっとすると専門家の監修がされていない?
素人が図鑑や辞書やらで問題を作っている?
そんな感じですかねぇ。

他のチャンネルで元塾の先生が出す漢字問題は
一般に知らないとだめな超初級問題から始まって
最後は「そんな漢字使うことがない」という
超難問感じに終わる。
やっぱ問題の難易度はそうでなきゃ。
nice!(0)  コメント(0) 

評判の良かった女優さんが新作で大根と呼ばれているらしい [テレビ]

日本のドラマを全く見ないわけではありませんが
基本的には見ないのでなんですかねぇ、と言う興味を持って記事を読みました。
どうやら以前はどちらかと言えば素に近いキャラクターで
作品自体の評判と相まって高く評価されていた演技が
今回は悪役っぽい背伸びした配役で
その演技力の低さに好感度が下がっているらしい…と…あはは。

その作品は主演も大っ嫌いで全く見ることはないですが
評判の良かった前の作品は見ています。
ま、新作を見てはいないものの
さもありなん、といったところでしょう。

繰り返しますが僕は日本の俳優(ほとんどそうは呼べない)に
演技力のある人…演技のできる人…は
ほんの一握りいるかどうかと認識しています。

評判の良かった彼女のキャラクターは
演技以前のほぼ自分のキャラを出していただけ。
演技が上手いと評される日本のタレントのほとんどが
自分のキャラ通りの配役を貰っているだけ。
そこへ自身の想像もできないキャラクターを任されると
キャラクターを追求しようともしないし
その役に入り込もうともしない…っていうか演技の基本がないから当然ですが。

そのあたりを理解して配役をしない
キャスティングディレクターがだめってことです。
アニメや原作付の作品映像化で失敗する原因はほとんどそれ。
見た目や人気だけで配役したりするから
キャラクターをきちんと表現できない。
それくらいなら無名の舞台俳優の方がよっぽど演技はできると思うのですけど…
それでは誰も見てくれないですしね〜
nice!(0)  コメント(0) 

NHKの受信料 [テレビ]

納得のいかない判決ですね。
テレビを持っていたらNHKと契約したことになる…
そんな話ありますかね。

最終的には国民であれば払う義務がある、
まで持って行こうとしている節もありますね。
なんともはや。

それならそれで視聴者の望むとおりの番組作りをして欲しいし
もし、受信料で局が潤っていて
雇われている人たちが贅沢な暮らしでもしていようものなら
すぐにでも受信料を安くして貰いたいものですね。

NHKへの出演料は安いとも聞きますし
しっかりと経理面を精査して
適切な給与体系、適切な出演料、
適切な受信料にして欲しいもんだ。
nice!(0)  コメント(0) 

日本○○大賞 [テレビ]

終わるらしいですね。
歌番組というか、曲を出している歌手が
歌う映像を見られる機会が少なくなっていきます。
MVとかはYOUTUBEで見られるとはいえちょいとさみしい。

ま、とは言っても
大賞以外知らない曲ばかりなのは
いつも不思議なんです。
たまに大賞すら知らないこともありましたけどね。

新人賞なんて「え?どこにいたの?」
ってなくらい知らなかったりする。
たまにその年に出た新人の歌手を知ってたりすると
大抵その歌手は賞には入らない。

もちろん好みの曲しか聴かないので
こっちが偏って聞いてるのでしょうが
驚くのはその新人賞候補になった曲はおろか
最優秀新人賞を取った歌手を
次の年に見ることも聴くこともないのはどういうこと?

そっか、新人賞候補になんかならない方が
生き残っていく可能性が高いと言うことか…
なんて思ったりしてね。

ま、好きな曲だけ選んで聴くので
そんなことはどうでもいいのではありますが
ある程度評価されないと聴けなくなる可能性もあるので
そこはそこそこ評価されないと困ると言えば困る、うん。
nice!(0)  コメント(0) 

24時間テレビ [テレビ]

男性アイドルが募金を持ってきた人と
絶対に握手をしないのだそうです。
理由は「握手がしたい募金」ではなく
「チャリティーを意図する募金だから」らしいけど…
じゃ自分はそこにチャリティーをしに来てるんじゃないの?
と聞き返したくなりますが。

やはりこのアイドルたちは
ギャラをもらってこのチャリティー番組に出ているんですかね。
局からはギャラをもらってるから
ちゃんと番組の手伝いをしてるけど
チャリティーで募金してくれる人は
自分にお金を払ってくれるわけじゃないし
これは「募金」なんだから
局のギャラには換算されないもの。
ということで全く利益をもたらさない相手に
自分が握手する理由はない、というわけですかね。

なんかねファンが、そのスタンスかっこいい
とか言ってるらしいけど
たとえば、チャリティーとして
無報酬で参加するのであれば
自分が与えられるものを可能な限り提供するのが
チャリティーではないかと思うのですけどね。
基本、自分を商品として金儲けしか頭にないから
そういうおかしな思考になるのでしょうね。

ま、もとより番組自体が
あまり信用できない番組なんで
どうでもいいですけどね。

海外の映画俳優とかが
チャリティーイベントに参加すれば
当然ギャラをもらうこともないし
気軽に握手してくれてると思うのですけど。
もちろんその行為がチャリティーを盛り上げることを
しっかりと理解しているからです。
nice!(0)  コメント(0) 

8月29日朝6時 [テレビ]

いつも朝、一度はテレビをつけるので
6時になって騒がしくなったのに気づかされました。
ついに日本上空を北朝鮮のミサイルが飛んでったんですね。
チャンネルを変えてみると
どのチャンネルも同じ内容の文字画面を映し出し
アナウンサーが早口で警告しています。
その時、三重テレビだけはのんびりとCM…
ま、ミサイルの飛んだ上空が東日本だったので
全国放送でもない状態の三重テレビは
そりゃ関係ないか…

そのときスマホは何も反応なかったな
と思いましたが、やはり警戒エリアではないからでしょうね。
だいたい、近所を見ていてもこれから通勤する人とか
テレビを見ていない人も多そうです。
警戒エリアでもどれほどの人がテレビに反応して
慌てたことでしょう。

いずれにしてもミサイルが自分目指して飛んできたら
何もできるわけがない。

その後、現実に避難指示を出された当事者の人たちは
「地下に隠れろ」とか「頑丈な建物に逃げ込め」とか言う指示に
どこにもそんな場所ないけどどうすればいい…
と言う反応だったとか…当然ですね。
結局は「警告を出さなければ文句が出る」的な
非難防止のための建前的なシステムのようです。
なんだかなぁ。
nice!(0)  コメント(0) 

もうね、不倫のニュースは聞きたくない [テレビ]

だからね、不倫で迷惑被るのはお互いの伴侶と子供だけ。
第三者がやいのやいの言うことじゃない。
記者会見で「ご迷惑をおかけしました」とかいうけれど
全く関係のないこっちには迷惑でも何でもない。
それどころか週刊誌やテレビは騒ぐ材料をもらって
逆に「ありがとう」って言いたいくらいじゃないの?

なんかもう流行みたいに不倫ネタを拾ってくる週刊誌。
ま、確かに笑えるのはどこかつつけば不倫ネタが転がっている現実ですが…
ネタになるのは有名人だけなのに
その有名人が大抵は不倫をしている、なんて
どうでもいいでしょ。

最近の不倫ネタで「これは迷惑」と思ったのは議員くらいでしょ。
さすがに仕事をほったらかしてそんなことしてちゃ
税金返せよ、といわれても仕方がない。

でもタレントに関して言えば
ワイドショーネタを提供しているので
マスコミは万々歳…でしょ。
それをね、したり顔をしてなんやかんや言う芸能人を見るのがいや。
どうせ彼らもたたけばほこりが出てくるのにね。

それに最近聞く不倫ネタは
関係者の誰もそのニュースで幸せになれない。
平穏に暮らしていたはずの関係者みんなが不幸せになるだけの記事。
そんなの知りたくない。
nice!(1)  コメント(0) 

そういえば24時間テレビをちゃんと観たことがない [テレビ]

歩いても24時間余裕の100kmマラソンで
感動するのってどういうことなんですかね。
ひょっとすると途中経過なんてどうでも良くて
ふらふらになったランナーが
みんなが待っているゴールに終了間際にギリギリ到着する
そのシーンが感動するってことですかね。

この番組、以前からチャリティーなのに
普通に出演者がギャラをもらってたりして
意味がわからないのですけど…
スポンサーも付いてるから
チャリティー番組といって視聴者から寄付を受け付けてはいるけど
局としては結局儲かってるってことなんですよね、不思議だなぁ。

なんならランナーになるタレントが
スマホとかで自撮りしながらゴールすれば経費も寄付できるし
チャリティーの受付とか社員がやれば
タレントも呼ばなくって済むんじゃないの。
あんなのを24時間見続けて寄付しようって言う人がいるんですかね。

ある程度定着したから
近くで受け付けてるから行こうって人も多いでしょ。
いつもの番組やってワイプで受け付けてますよ〜〜
走ってますよ〜〜ってやってみたら?

今年は当日ランナーが発表されるらしくて
いろいろ憶測出てるけど
誰もが知ってるように
24時間歩くだけで100kim進めるから
別にマラソンの練習しなくていいんですね。
だから誰になっても問題ないわけだ。
とはいっても、突然100km歩けと言われるのもなんだかだけど…
nice!(0)  コメント(0) 

僕は見たくないから出てきたらチャンネルを変える [テレビ]

お盆で隠す裸芸…芸と呼べるのやら。
瞬間でひっくり返す技術はすごいけどそれだけ。
面白いとも思わないし見たくもない。
出てきた番組がそれでも見たいものでなければチャンネルを変えます。

っていうか「安心してください」も「そんなの関係ねぇ」も
あまり見続けていたくないジャンル。
見て笑う人がいるから彼らが生き残っているのなら
僕は少数意見で構いません。

とはいえ、そういう少数意見ってそう馬鹿にならないことも
番組の制作者はわかってほしいですね。
面白ければ何でもあり、という番組の作り方は
結局消えていくはず。
もちろん消えていくのを承知で作っているのもわかるし
今のお笑いは一瞬でも笑えれば勝ち、的な発想なんでしょうね。

ただそういう番組の作り方のせいで
本当に実力のある芸人が生き残れないこともありそう。
力のあるものはいずれ頭角を現してくる、とは言うけれど
それまで生き残るのもそう楽じゃないでしょ。

ネット情報を真偽確認できないテレビ局 [テレビ]

ネットには嘘の情報が溢れています。
それこそ著名な新聞サイトでも鵜呑みにはできないほど。
ウィキペディアなんてどこまで参考にするかは
それぞれの情報でいろいろと吟味が必要です。

それやこれやしてみても
結局、偽情報に振り回されることも多いでしょうね。
じゃ、印刷物だったら100%信用できるかといえば
それもそうは言い切れないような気がしますが…

自分の知識の範囲内でも
最近目にする映画やテレビの情報誌には
時々間違った記述を見かけます。
ひょっとするとそこでもネット情報を真に受けたりしているとか?

となるとね、どこまで調べても真実がわからなかったりして。
古い情報だと歴史を重ねるうちに捻じ曲げられてることもあるし
全く体験のない世代が情報を精査しようとしても
間違った情報しか伝わってなかったりってこともあったりして。
メッセージを送る