So-net無料ブログ作成
検索選択

24時間テレビ [テレビ]

男性アイドルが募金を持ってきた人と
絶対に握手をしないのだそうです。
理由は「握手がしたい募金」ではなく
「チャリティーを意図する募金だから」らしいけど…
じゃ自分はそこにチャリティーをしに来てるんじゃないの?
と聞き返したくなりますが。

やはりこのアイドルたちは
ギャラをもらってこのチャリティー番組に出ているんですかね。
局からはギャラをもらってるから
ちゃんと番組の手伝いをしてるけど
チャリティーで募金してくれる人は
自分にお金を払ってくれるわけじゃないし
これは「募金」なんだから
局のギャラには換算されないもの。
ということで全く利益をもたらさない相手に
自分が握手する理由はない、というわけですかね。

なんかねファンが、そのスタンスかっこいい
とか言ってるらしいけど
たとえば、チャリティーとして
報酬で参加するのであれば
自分が与えられるものを可能な限り提供するのが
チャリティーではないかと思うのですけどね。
基本、自分を商品として金儲けしか頭にないから
そういうおかしな思考になるのでしょうね。

ま、もとより番組自体が
あまり信用できない番組なんで
どうでもいいですけどね。

海外の映画俳優とかが
チャリティーイベントに参加すれば
当然ギャラをもらうこともないし
気軽に握手してくれてると思うのですけど。
もちろんその行為がチャリティーを盛り上げることを
しっかりと理解しているからです。
nice!(0)  コメント(0) 

8月29日朝6時 [テレビ]

いつも朝、一度はテレビをつけるので
6時になって騒がしくなったのに気づかされました。
ついに日本上空を北朝鮮のミサイルが飛んでったんですね。
チャンネルを変えてみると
どのチャンネルも同じ内容の文字画面を映し出し
アナウンサーが早口で警告しています。
その時、三重テレビだけはのんびりとCM…
ま、ミサイルの飛んだ上空が東日本だったので
全国放送でもない状態の三重テレビは
そりゃ関係ないか…

そのときスマホは何も反応なかったな
と思いましたが、やはり警戒エリアではないからでしょうね。
だいたい、近所を見ていてもこれから通勤する人とか
テレビを見ていない人も多そうです。
警戒エリアでもどれほどの人がテレビに反応して
慌てたことでしょう。

いずれにしてもミサイルが自分目指して飛んできたら
何もできるわけがない。

その後、現実に避難指示を出された当事者の人たちは
「地下に隠れろ」とか「頑丈な建物に逃げ込め」とか言う指示に
どこにもそんな場所ないけどどうすればいい…
と言う反応だったとか…当然ですね。
結局は「警告を出さなければ文句が出る」的な
非難防止のための建前的なシステムのようです。
なんだかなぁ。
nice!(0)  コメント(0) 

もうね、不倫のニュースは聞きたくない [テレビ]

だからね、不倫で迷惑被るのはお互いの伴侶と子供だけ。
第三者がやいのやいの言うことじゃない。
記者会見で「ご迷惑をおかけしました」とかいうけれど
全く関係のないこっちには迷惑でも何でもない。
それどころか週刊誌やテレビは騒ぐ材料をもらって
逆に「ありがとう」って言いたいくらいじゃないの?

なんかもう流行みたいに不倫ネタを拾ってくる週刊誌。
ま、確かに笑えるのはどこかつつけば不倫ネタが転がっている現実ですが…
ネタになるのは有名人だけなのに
その有名人が大抵は不倫をしている、なんて
どうでもいいでしょ。

最近の不倫ネタで「これは迷惑」と思ったのは議員くらいでしょ。
さすがに仕事をほったらかしてそんなことしてちゃ
税金返せよ、といわれても仕方がない。

でもタレントに関して言えば
ワイドショーネタを提供しているので
マスコミは万々歳…でしょ。
それをね、したり顔をしてなんやかんや言う芸能人を見るのがいや。
どうせ彼らもたたけばほこりが出てくるのにね。

それに最近聞く不倫ネタは
関係者の誰もそのニュースで幸せになれない。
平穏に暮らしていたはずの関係者みんなが不幸せになるだけの記事。
そんなの知りたくない。
nice!(1)  コメント(0) 

そういえば24時間テレビをちゃんと観たことがない [テレビ]

歩いても24時間余裕の100kmマラソン
感動するのってどういうことなんですかね。
ひょっとすると途中経過なんてどうでも良くて
ふらふらになったランナー
みんなが待っているゴールに終了間際にギリギリ到着する
そのシーンが感動するってことですかね。

この番組、以前からチャリティーなのに
普通に出演者がギャラをもらってたりして
意味がわからないのですけど…
スポンサーも付いてるから
チャリティー番組といって視聴者から寄付を受け付けてはいるけど
局としては結局儲かってるってことなんですよね、不思議だなぁ。

なんならランナーになるタレント
スマホとかで自撮りしながらゴールすれば経費も寄付できるし
チャリティーの受付とか社員がやれば
タレントも呼ばなくって済むんじゃないの。
あんなのを24時間見続けて寄付しようって言う人がいるんですかね。

ある程度定着したから
近くで受け付けてるから行こうって人も多いでしょ。
いつもの番組やってワイプで受け付けてますよ〜〜
走ってますよ〜〜ってやってみたら?

今年は当日ランナーが発表されるらしくて
いろいろ憶測出てるけど
誰もが知ってるように
24時間歩くだけで100kim進めるから
別にマラソンの練習しなくていいんですね。
だから誰になっても問題ないわけだ。
とはいっても、突然100km歩けと言われるのもなんだかだけど…
nice!(0)  コメント(0) 

僕は見たくないから出てきたらチャンネルを変える [テレビ]

お盆で隠す裸芸…芸と呼べるのやら。
瞬間でひっくり返す技術はすごいけどそれだけ。
面白いとも思わないし見たくもない。
出てきた番組がそれでも見たいものでなければチャンネルを変えます。

っていうか「安心してください」も「そんなの関係ねぇ」も
あまり見続けていたくないジャンル
見て笑う人がいるから彼らが生き残っているのなら
僕は少数意見で構いません。

とはいえ、そういう少数意見ってそう馬鹿にならないことも
番組の制作者はわかってほしいですね。
面白ければ何でもあり、という番組の作り方
結局消えていくはず。
もちろん消えていくのを承知で作っているのもわかるし
今のお笑いは一瞬でも笑えれば勝ち、的な発想なんでしょうね。

ただそういう番組の作り方のせいで
本当に実力のある芸人が生き残れないこともありそう。
力のあるものはいずれ頭角を現してくる、とは言うけれど
それまで生き残るのもそう楽じゃないでしょ。

ネット情報を真偽確認できないテレビ局 [テレビ]

ネットには嘘の情報が溢れています。
それこそ著名な新聞サイトでも鵜呑みにはできないほど。
ウィキペディアなんてどこまで参考にするかは
それぞれの情報でいろいろと吟味が必要です。

それやこれやしてみても
結局、偽情報に振り回されることも多いでしょうね。
じゃ、印刷物だったら100%信用できるかといえば
それもそうは言い切れないような気がしますが…

自分の知識の範囲内でも
最近目にする映画テレビ情報誌には
時々間違った記述を見かけます。
ひょっとするとそこでもネット情報を真に受けたりしているとか?

となるとね、どこまで調べても真実がわからなかったりして。
古い情報だと歴史を重ねるうちに捻じ曲げられてることもあるし
全く体験のない世代が情報を精査しようとしても
間違った情報しか伝わってなかったりってこともあったりして。

「サバを読む」は一般常識だと思っていましたが… [テレビ]

一般常識に疎いので
知識問題が出されるクイズ番組はよく観ます。
最近気になっているのは
東大などの高学歴の回答者に出される問題が
今ひとつレベルが下がっているような気がすること。
もちろん、中には全く答えの想像もつかない難問もあるのですが
あっても2〜3問。
たいていは常識レベルの問題ばかりです。

先日見た時に「サバを読む」の意味を尋ねる問題が出て
「こんなん答えられないのおらんやろ」と見てたら
間違えました…え?ウソでしょ。

ひょっとすると番組を面白くするためにボケた?
と思いたくなるほどの結果。

とはいえ、別の番組のクイズ問題でも
常識レベルの問題を正解して
「すごい!」などと言われる始末。
ひょっとすると高学歴と言っても
過去にはレベルの高かった学校でもレベルが落ちてきている、とか。

どうなんですかね。
かと思えば聞いたこともないような問題に答えたりするし…
頭がいいことはいいんですが
一般常識を即答できないことも多い…不思議だ。

遅刻しない長子、平気で遅刻する末っ子 [テレビ]

テレビでやっていましたが…笑っちゃいます。
僕は末っ子だけど絶対に約束の時間には遅れません。
そう突っ込もうとして思い出したのが…
絶対に遅刻するあの人は長子だった(笑)

約束に時間には必ず遅れてくる。
遅れてきながら謝ることはない。
時間になっても来ないので本を読んでいて戻ったら
来たのにいなかったと怒る。

僕は相手に迷惑をかけたくないので絶対に約束に遅れません。
なので、電車をいくつも乗り継ぐような場所には
30分近く前に着いてしまうこともあります(笑)

長子のあの人と行動すると
そんな時間は無駄と言って
ギリギリに出発するため確実に遅刻します。
一度なんか、そのせいで身内との約束に遅れ
叱られてしまったのですが
あの人は弁護すらしない…とほほ。

番組でのそれぞれの理由付けは理解できるのですが
そうするとあの人は長子のくせに責任感がない、
ということになるのかな。
確かにそうかもね。

経験から言うと
いつも遅刻する人は
相手が少しでも遅れるとすごい勢いで怒りますが
普段から遅刻しない人は相手が多少遅れても
特に責めることはありません、はは。
不思議な感覚ですけどね。

日曜洋画劇場終了 [テレビ]

…と聞いても…
まだやってたんだ、という感想でしょうか。
映画好きな人で、今地上波だけ見ている人はいないんじゃないでしょうか。
僕が地上波で映画を見なくなってどれくらいですかね。
BSやCS放送が始まって
映画好きな人たちはすぐにそっちを観るようになったのでは。

地上波の映画放送はカットされることが必然で
BSやCSでは基本的にノーカット。
古い映画を流すところが多いけれど
映画中心のチャンネルだと地上波よりもかなり早く放送される。

もちろん有料放送を観ない人もまだまだ多いかもしれませんが
そういう人はレンタルDVDを借りたりするわけで
流石にそうなると地上波じゃ太刀打ち出来ないですよね。

そういう意味で今まで続いていたことに驚きですが、
とはいえ、地上波では歌番組も減り
オリジナルドラマも時々ヒット作は出るものの
最近は大して視聴率も取れなくなってきているようです。

バラエティや情報、クイズ番組とかが主になってきている感じがしますが
なんかね、地上波らしい何かを打ち出さないと
視聴者離れは加速するばかり…ってな気もしたりして。

そういえば海外ドラマも新作はほとんどBSやCSですね。
時折、地上波の深夜に見られる海外ドラマもすでにBSやCSで放送されたものばかり。
新作が無料のBSチャンネルで見られる、なんてことも。
観せ方によっては映画や海外ドラマでも
地上波で視聴率が取れるような気もしますが…

クリエイティブを感じない [テレビ]

最近は歌番組も少なくなりましたが
歌手が歌う時に踊るのは当然のことのようです。
それに合わせて振付師と呼ばれる職業の人も多いみたいですね。

先日見た歌番組では
歌手のバックでダンス、などというよくわからない場面もありました。
そしてそのダンスは「歌詞の内容に合わせた動き」とか言う話。
それをすごいことのように語るのをたまに聞くのですが
歌詞の意味に合わせて振りをつけるって
自分の創造性とは別に歌詞通り動かすだけなので
言ってみれば誰でもできることではないのかと。

もちろんダンスの流れや全体の起伏の付け方は
それなりに経験が必要かと思いますが
「君のことを想う→目をつむり胸の前で手を組む」とか
歌詞とは別に自分の世界観でイメージを広げられない人には
便利なやり方かと思うのですけどね。

デザインの仕事をやっていると
「自由にやって」などと言われると困ってしまう。
ある程度の制約がないと
三流デザイナーには何をすればいいのかわかりません。
キャッチがあって本文があれば
それを読み込んでデザインに転化する。
一番簡単なやり方ですね。

つまり歌詞通りに振りをつけるのは
創造性のない人にとっても一番手頃なやり方なわけです。
ま、それが宣伝効果があると思うのが不思議なところ。

そういえばCMやMVで
ワンショット撮りを売りにすることもあるのですが
あほでしょ、視聴者にはどうでもいい話で
単なる制作側の自己満足なのに。
そういうこともわからず宣伝効果があると思っているのが笑えます。
メッセージを送る