So-net無料ブログ作成

漫画雑誌も売れなくなってきた…とか [マンガ]

え?売れてたの?と言うのが正直な感想。
売れなくなった理由の一つとして
ネット海賊版の横行が上げられるようですが
それだけではない…と記事にはあります。

僕もそう思います。
正直言って今は「次が読みたい」と思う作品が少ない。
週刊漫画誌によっては目玉作品が全くないこともあります。
よくこれで続いているなぁ、と思いつつ
実のところすでに僕の年代の好みと
今の世代とは全くことなるようで
「今読みたいコミック」なんてのを見るとほとんど知らなかったり(笑)

漫画原作のドラマなんかが発表されると
その原作をほとんど知らなかったり…なんてことばかり。
僕は基本的に絵の上手い作品から入るので
どんなにストーリーが面白くても読んでいないことが多い。
ま、それも好みで
原作漫画のほとんどが残念な絵だったりします。
今の世代はそんなこと気にしないのですかね。

たまに「話は面白いのに絵が…」というのもあったりして…

ネットに「全国書店員が選んだおすすめマンガ」
と言うのがありましたがなんと、
15位のうち一つも読んだことがない、はは。
ま、世代の違い…ということで。

いずれにしても最近は小悦もマンガも
「書店員が選んだ」というのは全く信用できない。
というのも書店によっては本を好きではないような書店員
本を読んでいないような書店員を時々見かけるから。
最近では、ある日にその書店の売れ行き№2のお勧め棚の
その本がなくなっていて「売れてるんだ」と思ったら
翌日にもなく、別の棚を探したらあった…という…
以前にもいつものコーナーになかった月刊雑誌を
全く別のコーナーで見つけたり…
こんな店舗が多くなったのにどうやって書店員を信用しろと。
しかも全国の書店員と言っても1312名…とほほ。
nice!(0)  コメント(0) 

あらびっくり [交通マナー]

いつものように日曜の買い出しに出かけると
いつも通る交差点を右に曲がろうと左に寄せつつウインカーを出したら
左から右折してきた車。

毎度書いているように
鋭角に切り込んできているので全く危険な曲がり方。
基本、そっちが優先道路なので
こっちは一旦停止していたから良かったけど、
行きすぎるのを待とうとしたら停まったまま。

どうやらこっちに下がって欲しい感じ…あほか!
…と言うことで下がらずちょっと空いてた分前に進みました(笑)
そしたらやっと切り返して進んでいきましたとさ。

あの運転自体が危険なことに気づくと思うのに
自分の運転が悪いと思っていなかったことに驚きです。

そういえば先日違うT字路で
タクシーが同じような曲がり方をしてきました。
そのときは左に余裕があったので
僕の方が先に右折して事なきを得ましたが
プロがそんな運転をするなんて…

思い出してみれば
以前、前の車が右折するときに
しっかりと左に寄せてから右折したのを見て
「お、珍しい」と思ってしまいましたが
確かにちゃんとそうやって曲がる車を見かけませんねぇ。
いつか事故を起こしそうですが
相手が僕でないことを祈るばかり。
nice!(0)  コメント(0) 

WINのBR再生ソフト [パソコン]

僕はMACユーザーです。
とはいえ仕事には最適でも趣味の範囲には不便が多い。
HDDレコーダーで録画したデジタル放送録画のBRを見る目的もあって
最近WINノートを購入しました。

先日までそのマシンでBRを再生していたのですが
突然再生しなくなってしまいました。
WINノートに付属のソフトを検索してみると
いくつか「見えなくなった」という書き込みがあり
その対応策もありましたが…
最初見つけたものはかなり古く僕のバージョンには関係ない。
メーカーで検索すると
僕のマシン自体が古い(型落ちの安いのを購入)のか
対応機種にすら入っていない…おいおい。

なんとか見つけたバージョンを入れてみると
エラーが出る、と言うことは僕の機種に合っていない?
一応機種名はあったんですけどね。
結局、お手上げ状態です。
ちゃんとした製品版を購入した方が良さそうです。

思い出すのがかなり以前に購入したVAIO。
OSからVAIOオリジナルになっていて
バージョンアップや拡張時に面倒なことこの上ない。
すっかりVAIO嫌いになりました、うん。

今回のプリインストールアプリもそれに近い。
メーカーオリジナルのアプリで
OSや機種毎にバージョンを設定しているようで
単一の製品がどの機種にも合うわけではないようです。

今回再生できなくなってネットで検索したとき
OSの更新で入れられたプログラムを削除しろ、と言うのがありました。
そういえば映像が見られなくなる少し前に
OSの更新がありましたよ、確かに。
そんなことで見えなくなるなんて…ね。
古い機種だからそういうことがあっても
対応アップデートなんてするはずもない。
とはいえ、製品版で売っているものなら
古いバージョンでも見える(お試し版で確認)。
こういうくだらないことをやってるから
日本のPCって先が見えないのじゃないですかね。
nice!(0)  コメント(0) 

エコキュートの電話勧誘

大抵は即切りですが興味があって最後まで聞きました。
今なら工事費(15万円ほど)が無料になり、
ガス料金が安くなる+深夜電力利用で光熱費が節約できる。
エコキュートの設備代はその差額分で月々返済。
今の光熱費次第では年間2,000円ほど光熱費が下がり
返済が終われば年間8,000円下がる、と言う内容でした…
…後から考えるとこの数字はおかしいな…はは。

とりあえず家庭によって状況は違うので試算するということで
自宅に来訪して試算しましょう、と言う流れ。
とりあえずメリットのある話ならということで日時を設定しました、ふふん。

前もって会社やらエコキュートやら調べたものの
会社自体はまともだし、勧誘電話をうざがった書き込みはあるものの
その人たちは先へ進んでいないので評価のしようがない、というところ。

結論から言うとエコキュートにするのは止めました。
理由はエコキュート利用による中部電力のスマートライフプランが
現在の僕の電力利用パターンには合わなかった、ということ。
今は普通の家庭で利用する契約で
従量課金による3段階で使用料が超える毎に単価が上がるので
ある段階を超えると一気に高くなるというシステムです。

スマートライフプランはと言うと
◎かなり安い深夜料金ナイトタイム
◎少しお得な早朝・夜半のホームタイム
◎かなり高めなデイタイムの3つの組み合わせ。
このナイトタイムに湯沸かしをするエコキュートは
ガス給湯と比較してかなりお安くなるわけです。

ところが僕は日中も自宅にいて冷暖房など使用し
逆に深夜は冷蔵庫が動いているくらいで
電気使用量の割合的にナイトタイム1:デイタイム9、といったところ(笑)
スマートライフプランにしたら逆に電気代が跳ね上がってしまう
というわけです、なので止めました、うん。

実のところ日中は自宅にいなくて
深夜に家電等々を使う人は効率的に光熱費を抑えられる可能性もありますね。
エコキュート自体の湯沸かし効率や耐久性などは
使ってみないことには計りかねますが
家庭によっては採用を考えてみてもいいかもしれません。

ところで試算に来てくれた営業マンですが
愛想も良く質問にも気軽に答えてくれて感じの良い方でした…が。
試算方法やその内容にいささか疑問の残る感じ。
タブレットかノートPCでも出てくるのかと思えば
紙と電卓…PCとかだとも字が小さくて読みにくい、とか
言われるのだそうです…ふ〜〜〜ん。

電気料金でエコキュートにした場合の計算が分からない。
年間合計から平均した数字から少し引かれただけ。
電気代は3段階の従量課金なので平均の数字で簡単に試算できるものでもないはずですが。
しかもスマートライフプランでは深夜・早朝・夜半・日中での
電気の使用割合によって電気料金が全く異なるし。

そしてガス料金は
お風呂:ガスコンロ(料理)が8:2…一般的にこんな比率だそうです。
合計にそれを当てはめた数字…「基本料金は?」と聞きましたが
「使っただけ」ということで驚くほど低い数字が出てきました(笑)
東邦ガスで調べてみましたが(っていうか請求書に書いてある)
当然基本料金はあって最低1㎥使っただけでも952円は必要なのにね。

このあたりの推測は
僕の電気料金は他と比較して高めなので標準的な差し引き
ガス料金は低めなので大胆な引き算…てなところかと。
その計算でぎりぎり今の光熱費でまかなえる機器代金を算出したのかと。
とはいえ、実際に機器の返済額はいくらくらいになるのか聞くと
しっかり計算したようで今の光熱費から算出したものより
少し多くなったらしくて「少し足が出ます」という答えでした、ふふふ。

ま、客がもう少し馴染みやすくするには
会社のホームページにでも
本人が試算できるような計算表を設置することでしょうかね。
数字のトリックを使わなくても
ちゃんと現在よりお得に利用できる家庭もあるはずですからね。
nice!(0)  コメント(0) 

10年ぶりに改訂された広辞苑 [出版]

そういえば書店レジ近くに山積みされていましたね。
毎年出ているのかと思いました。

ところでその改訂版にミスの指摘が相次いでいる、とか。
ま、あれだけの本で全くのミスゼロはすごいことだと思うので
ミスがあったとしても驚きはしません。
それよりも12日に発売されて25日に出版社がミスを認めるまでの間に
指摘された、ということですね。
ある程度知識のある人が自分の興味のあるページをチェックしたら
ミスがあった、ってなところでしょうか。
まさか全部チェックしたらミスがあった、なんてことはないと思いますが。

経費がかけられなかったのかも知れませんが
そうやってミスを見つけることができる専門家に
校閲をして貰えば良かったのにね。
どんな校閲だったんでしょ。

といいつつ
かなりレベルの低いミスもあるようで
ちょっといただけない話のようです。

記事によると広辞苑の編集は
200人以上の外部専門家から項目を募って
執筆後、4、5回のチェックを通るのだそうです…ふむ。
まずはその外部専門家がミスを起こしているわけで
専門家としては今ひとつのレベルだった、ということでしょうか。

しかし「トランスジェンダー」とか「坊守」とかは
かなり専門的な気もしますが
「しまなみ海道」のミスは素人レベルのようです。

大学教授が言うように
インターネットは嘘と真実が入り交じっているので
他者の手が加えられない紙媒体は信頼性が高い。
その意味ではその信頼性をおとしめるような
ミスの多発は残念、というところですね。

ま、「どの辞書も間違いを含む」という編集委員の言葉は
正しいでしょうね。
ただ、ミスの出たと例の挙がったいくつかは
特に新語というわけでもない気がしますけど。
nice!(1)  コメント(0) 

評判の良かった女優さんが新作で大根と呼ばれているらしい [テレビ]

日本のドラマを全く見ないわけではありませんが
基本的には見ないのでなんですかねぇ、と言う興味を持って記事を読みました。
どうやら以前はどちらかと言えば素に近いキャラクターで
作品自体の評判と相まって高く評価されていた演技が
今回は悪役っぽい背伸びした配役で
その演技力の低さに好感度が下がっているらしい…と…あはは。

その作品は主演も大っ嫌いで全く見ることはないですが
評判の良かった前の作品は見ています。
ま、新作を見てはいないものの
さもありなん、といったところでしょう。

繰り返しますが僕は日本の俳優(ほとんどそうは呼べない)に
演技力のある人…演技のできる人…は
ほんの一握りいるかどうかと認識しています。

評判の良かった彼女のキャラクターは
演技以前のほぼ自分のキャラを出していただけ。
演技が上手いと評される日本のタレントのほとんどが
自分のキャラ通りの配役を貰っているだけ。
そこへ自身の想像もできないキャラクターを任されると
キャラクターを追求しようともしないし
その役に入り込もうともしない…っていうか演技の基本がないから当然ですが。

そのあたりを理解して配役をしない
キャスティングディレクターがだめってことです。
アニメや原作付の作品映像化で失敗する原因はほとんどそれ。
見た目や人気だけで配役したりするから
キャラクターをきちんと表現できない。
それくらいなら無名の舞台俳優の方がよっぽど演技はできると思うのですけど…
それでは誰も見てくれないですしね〜
nice!(0)  コメント(0) 

無知は恥ではない

自身が何も知らないことを知った上で
聞くことを恐れず学んでいくことが大切なのです。

テレビのバラエティ番組を見る限り
芸能界で知識人ぶったタレントが
わずかな知識をひけらかして利口ぶっていますが
そのくせ一般的には常識とも言われるような知識が抜け落ちていたりする。

もちろんタレントが知らない知識を
僕は知っていたりするとほくそ笑むのですけどね。
とはいえそんな知識の有無は大差ない話で
生きていく上には基本的に必要のないレベル。
知らないことは聞けばいいだけです。
全く恥でも何でもありません。

社会に存在する全ての知識に精通している人がいたら尊敬しますが
たいていの人は自分が生きるための知識だけで生きていけます。

それでも政治や社会情勢
国と国との関わり合いなどなど
生きていく上では全く必要のない知識が
自分の生きている社会を理解するためには必要だったりします。
それについて議論するときには
聞いて学べばいい。
他国の言っていることが理解できなければ
新聞を読んだりテレビを見たり
識者に聞けばいい、それだけのことです。

ま、問題と言えば
その識者と呼ばれる人たちすら
偏った情報で思想を形成し
他者の異なる意見に耳を貸そうとしないことですかね。
自分の知識に間違いはないと思い込んでいたりする。
そういう人こそ自身も無知であることを認識して学ぶべきだったりして…
nice!(0)  コメント(0) 

スイスの法律…生きたロブスターの煮沸を禁止 [ニュース]

ロブスターは高度な神経系を保有していて
人間と同様の痛みを感じるから…だそうです。
海外では動物保護の観点から
こういった法律が新たに生まれているらしいのですが…

以前から思っているのですが
鯨を食べる文化の国に対して鯨を食べるな、とか言う
動物愛護団体とかとか。

自身は菜食主義だと信念を貫いているのならまだしも
肉食生活を継続しながら
特定の動物を殺すなとか主張するのは
やはりなんかおかしい。

結局食すのに
調理するときに痛がってみたいで
拷問でもしているようだからその調理法は止めて〜とか言って
断頭台でひと思いに首を切るのはいいよ、っていうのって
なんかおかしくないですかね。

確かに「躍り食い」とか言うのは
とても嫌な気分で僕は食べる気にはなりませんが
結局食べるくせにひと思いに殺してあげて、なんて
単なる自己満足じゃないの。

ワイドショーのコメンテーターが言ってたけど
難民を受け入れないとか人の命に対しての優しさを表せないのに
そんなことには気を回したふりをするのって
やはりうわべだけの気遣いとしか思えないのですけどね。
nice!(0)  コメント(0) 

不倫報道でアーチストが引退 [週刊誌]

それ自体にどうという関心はありませんが
前から思っていたのが
雑誌の不倫報道とかスキャンダル記事って
誰にどんな得があるのか理解できません。

もちろん雑誌自体は
反響があって売り上げが伸びると言う目的があるので
その視点からすれば当然といえる行為なんでしょう。

ところが不倫とか言いつつ
結局お互いが理解しつつ許し合っているような
夫婦だけの内緒の話すら世間にさらして
夫婦の関係はおろか世間との関わり合いまで壊してしまう…
とても正しい行いとは思えないのですが…

そしてついに報道されたアーチストが引退を表明。
けじめをつけるためらしいのですが…
その行為自体が正しいかどうかは別として
けじめの理由は「報道で関係者に迷惑をかけたこと」。
ひょっとすると報道された内容は
身内の間では解決済み、了承済みのことだったかも知れない。
それでも報道されたことで
夫婦間だけの問題が公にさらされ
知る必要のなかった関係者にまで知られることとなり
迷惑をかけることになった…としたら…

週刊誌のやったことは
とても正しかったとは思えないのですが…
nice!(0)  コメント(0) 

車の運転は男にして欲しい

…だそうです。
ま、女性は昔からそんな考え方ですかね。
とはいえ運転嫌いの男性や
免許を取るタイミングを逃してしまった男性もいるわけで
結局は運転できる方がすればいい、と思うのですけど。

こういう話を聞くたび思うのは
女性って「男女同権」を言うくせに
自分にメリットがないことは男にさせますね。
不思議だ、というか勝手な言い分ばっかし。

子供が小さい頃はよく家族で出かけました。
ま、近所のファミレスに行くくらいはいいのですが
旅行先などでレンタカーを借りて観光先を巡るとき
かみさんはほとんど運転しませんでしたね。
結局、僕は疲れが溜まって軽い事故を起こしたりしました。
交替するのはその後…
そういえば観光先や実家から夜遅く帰るときは
子供と一緒に隣でぐ〜すか…う〜〜む。

それでいて買い物や自分の用事で車を使うので
一週間の使用頻度はかみさんの方が多かった…なんだかなぁ。
ま、かみさんの運転を上手いと思ったことはないので
助手席に座るのはそれはそれでストレスが溜まりますが。
考えてみるとその割に僕の運転にはケチを付けられたなぁ。

ま、結論として運転したい方がすればいい。
どちらもしたくなければ公共交通機関を使用しましょ。
その方がストレスも溜まらないでしょ、ふふん。
ただ、そうなると荷物を持たされるのか。
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る